スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

磯馬鹿の集い(後編) 

明けて翌朝。


朝早くにみなさんと現地でお別れ(ToT)/~~~


この二日目、朝で各自解散と決めていましたが、このイベントを計画した当初から二日目に企んでいたことがあって、2年前に採ったアオボシヤドカリのポイントへ行こうと考えていたのでした。

そのポイントは逆にこのキャンプ場からのほうが近い!

と思ってたけど、目的のアオボシがつい先日に採れてもた( ̄∇ ̄*)ゞ


ということでそのポイントへ行く理由がなくなったので、当日は誰かに一緒に遊んでもらおうかな~ などと思ってました。


そんな時に東京から一通のメールが・・・


「20日から南紀に行くので、日が合ったら一緒に遊んで~」



と、


なんと!




雪風さんあやのさんご夫妻からのメールでした!



超有名人のご夫妻。

関西にはいくらでも知り合いがいてはるご夫妻なんで、

当然「なんでわてなん?」


と聞いたところ、


「南紀といえばわもん」


「ふぇ? その認識は間違ってまっせ?」


と、当然言いましたよ(汗)


「南紀のヘタレといえばわもん」と自覚してますからね(-。-)y-゜゜゜



でも、高知遠征の時に仲良くして頂いたこともあり、うちとたまーぼさんカップルに一緒に遊ぼ~とご指名を頂いたのでした!


ちょうど二日目の予定は未定。


たまーぼさんと相談して「OKですよ~」と、
もう1泊して御一緒させてもらうことになったのでした^^



で、福井まで帰らないといけないたまーぼさんの友人さん一家がお昼までということで、一緒に磯遊びをすることになりました~



せっかく東京から遠路遥々お越しいただくので、バーベキューの時にみなさんに伝授していただいた、もしも前日のように荒れてても比較的エントリーしやすい場所へ行きました。



で、ポイントに到着すると前日よりはちょっとだけマシ?

というくらい外海は荒れてましたが、先輩方のアドバイス通り、
そのポイントは比較的穏やか~~♪

師匠のみなさん、惜しげも無く教えていただいてホンマおおきにでした^^


ただ~~・・・ 濁りはあまりマシにはなってなくて大丈夫か?
ちゅう状態でしたが、少し沖へ出ればなんとか魚が見れて、
そこは黄色いチョウチョが乱舞するお花畑でした~^^


まず、前日に師匠のみなさんに教えてもらった方法でトノサマを狙うと、

「あれ?」ちゅうくらいに簡単にトノサマが(゜o゜)




IMGP0194_201.jpg

一番右は嫁が採った初のミスジチョウ。
自分はトノサマしか採れず・・・


取りあえずミスジだけキープして一旦休憩して第2ラウンド。
嫁とたまーぼさんの彼女はヤドカリ探しにチェンジ。


んで、しばらく泳いでるとさらに濁りが酷くなったので上陸。





037.jpg033_201.jpg

041_201.jpg042.jpg
(4枚ともあやのさんからお借りした画像)

※今回はあまり写真がなかったので、所々あやのさんとたまーぼさんからお借りした写真を使わせてもらってます(汗)

濁ってるとはいえ、中には結構貴重な魚が写ってる!
あやのさんてものすごい観察眼なんちゃう?(・_・;)


再度全員陸で合流し、嫁のヤドカリの成果が ↓




IMGP0187_201.jpg

そういえば久々に見るスベスベ畑~~


IMGP0190.jpgIMGP0192.jpg

ツマキヨコバサミとマダラヨコバサミ~
南紀では初観察。

と!



IMGP0186_201.jpg

欲しかった初のサンゴヨコバサミ!!!(37種類目)

うちの嫁はん、なかなかやるなぁ(゜o゜)

たまーぼさんの彼女もまだうちが見つけてないヤドカリをまたまた簡単に見つけてるし、磯でのこの女性コンビ。


もしかしたら女性タッグ日本最強のヤドカリハンター?


ヤドカリはスベスベ、サンゴヨコ、ツマキ×2をキープ。

で、この日の磯遊びは終了。



その後、たまーぼさんの行きつけの予約してもらった宿へ~



IMGP0195_201.jpgIMGP0197.jpg

好き勝手に海で遊んだ道具を洗わせてくれるというのが決め手でこの宿に泊まる事になったけど、

すぐ目の前が漁港で見晴らし抜群!!!


さっさと道具を洗い、さっさと風呂に入ってみんなで漁港へ^^




051.jpg

このハリセンボン君・・・



050_copy.jpg

このお揃い網の二人のおっさんに虐められてたのでした~


その後綺麗な夕日を見ながらみんなでブラブラ歩いて夕食を食べに。



IMGP0200_201.jpg
IMGP0201.jpg
IMGP0202_201.jpg

なかなか綺麗でした^^



056_copy.jpgIMGP0204_copy.jpg


宴会場はお好み焼屋~♪


前日のバーベキューの時のワイワイガヤガヤと違って、ゆっくりまったりムードで宴会が始まり、ここぞとばかりに海の生き物の生態についてや飼育に関してを勉強させてもらってたのに、アホアホな乗りが大好きなたまーぼさんのせいでいつの間にやらまたもやアホアホ話の宴会に・・・

しかもいつもわてをおかずにしよる・・・(;一_一)



雪風さん、あやのさん、
独特の関西の乗り・・・ 付き合わせてすいませんでしたm(__)m(汗)


さらに宿に帰ってから2次会。

雪風さん・あやのさん夫妻は長旅の疲れもあって早々とご就寝でしたが、この2次会がまたまた遅くまで盛り上がってしまい、ほとんどの記憶が無くなりました・・・





で、気が付いたら朝。

案の定二日酔い・・・ いや、三日酔いか?


すでに気が付いてる方もおられると思いますが、
自分は前日の収穫がゼロ(゜o゜)


少々体調が悪くともリベンジに燃えて同じポイントでドボン!



066.jpg072.jpg
(あやのさん撮)

右の写真の・・・ よく見るけど何なんでしょ?(・_・;)

しかし前日に比べると少し透明度が良くなってました^^



ところが・・・

去年の教訓と今年の高知での教訓・・・


実は今年はなぜか潜った翌日から数日間、よく咳が出て止まらなくなります。

さらにこの時期による花粉症も発症します。


そんな中、前日は酷い二日酔いは逃れられたものの、
咳と花粉症での鼻水で満足に遊べませんでした。


はい、苦しい言い訳です(汗)


しかし、最後のこの3日目の体調は最悪・・・



水中3割、咳3割、おえ~~っ!が4割で話になりまへん┐('~`;)┌




IMGP1049_copy.jpg

この休憩を兼ねた怪しげな昼食時が一番元気やったかも




IMGP1054.jpg
(上の2枚はたまーぼさん撮)

日に当たり過ぎて少しのぼせたので体を冷やし中。


休憩を終えてまたリベンジで海に入るも体が海を受け付けず・・・

早々と陸に上がる時に、穴が開いた石に何かが逃げて入るのを発見!


珍しいギンポか?!


と、取り出したのは ↓



IMGP0212_201.jpg

クラカケモンガラ?

ヤドカリイーターなので即放流・・・


そして嫁が何やら採ってきたのは ↓



IMGP0214_201.jpg

3cm程度の可愛いアケボノチョウ^^

初めて自分で採ったということで持ち帰り(汗)


結局うちの収穫は、

初日のツノダシ、二日目のミスジチョウとヤドカリ、三日目のアケボノ。



そうですよ! ツノダシ以外は全部嫁の収穫ですよ!


あかん・・・


やっぱり呑んだらあかん・・・orz



で、この2・3日目で思ったこと。

雪風さんて魚の生態や飼育、水槽のシステムなどに関しての知識では超一流ということは知っていたけど、実は採集でも超一流の腕前ということ!
高知遠征の時も驚いたけど、滅多に来ない南紀の数日間で自分がまだ見たことないような貴重な魚を次々とGETしてました!

見た目と話した感じでは物腰の柔らかい方ですが、もの凄い野生の血が流れていたんですね!(゜o゜)
しかも磯でも休憩しながらの細かい魚の違いと生態の個人的講義。

高い授業料を払わないとおかしいくらいの内容!
本当に勉強になりました! 有難うございました!m(__)m


あやのさんも観察力がするどいのと、水中写真がめっちゃ上手い!
最強の夫婦です^^


そしてたまーぼさん、

彼女がヤドカリのスペシャリストというのは認めざるを得ない事実で、たまーぼさん本人は凡人だと思っていたのが、実は魚採取の天才かも?というくらいなのにびっくりしました!

この二泊三日の間に頂いたアドバイスをしっかり吸収し、それを実行して早速成果を上げる辺りはもしかしてただ者ではないのでは? というくらいの急成長!

魚とヤドカリ、もの凄いスペシャリストのカップルかも(゜o゜)



ちゅうことで「わもん」自信は自分で自分の首を絞めるという、相変わらず不甲斐無い成果で終わりましたが、成果を度外視したら収穫の多い本当に楽しい海三昧な二泊三日でした!

いつもなら凹んでやる気を失うところ、まだまだ楽しみが増えて、さらに南紀に行くことが楽しみになりました^^


またまた恐ろしく長くなりましたが、
今回遊んでくれたみなさん、長い記事を読んでくれたみなさん、

ホンマおおきにでした~^^



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

スポンサーサイト

磯馬鹿の集い(前編) 

以前からやってみたいなぁと思っていたことが、



ついに19日に実現しました~~♪



日頃ブログや私生活でもお世話になっている磯馬鹿なメンバーに、


「南紀で一緒に磯で遊ぼ~」

「遊んだ後にバーベキューしよ~」




と呼びかけて計画して、それが実現したのでした^^



参加してくれたのは、


磯で釣りで散々お世話になっているシンパパ

遠い岐阜からは息子さん・弟さん・友人さん2人の5人組でクロさん

これまた遠い福井からの友人さん一家3人と共にたまーぼさんカップル

わざわざ仕入れのために三重県経由で来てくれたノブさん


うちら夫婦合わせて総勢14人になりました~


実は魚の採り方、ポイントの情報を盗もうと企んでることも知らずにね


しかし・・・ よ、予想以上の大所帯!

わてみたいなもんに纏められるんやろか・・・(・_・;)



で、いざ予定の場所で磯遊び~♪

と思ったのに海はかなり荒れてる・・・
まだ小学生のお子さんもいるし、かなりやばい・・・(・_・;)

南紀を知り尽くしているシンパパと相談して、
車6台が停めれて無難に遊べる磯へ急遽移動。


最初に予定してた所よりマシとはいえ、風が強くて濁りが酷いしうねってるしで、せっかく集まったのにさすがの百戦錬磨の猛者達からもぼやきが聞こえるほどの悪条件でした(>_<)



IMGP0172_201.jpg



そんな条件なんでヘタレのわては当然何も採れず・・・

それでも取りあえず頑張ってみたら、


ヘタレにはまさかの魚・・・



こんなんが採れてしまいました ↓





IMGP0171.jpg

ツノダシ~(゜o゜)


結構でかいしまさか採れてしまうとは思いませんでした!


「これで一人前の採集家の仲間入り」 とか、

「運とまぐれ」 とか弄られて、果たしてどちら側が当たりなのか・・・



と、結局採れたのはツノダシたった1匹でしたが、
我が家にとってはもの凄い大物!!


大満足の結果でした



そしてバーベキューの準備と材料の買い出しのために皆さんより早めに切り上げ、バーベキューをする予定のキャンプ場のある白浜へレッツらごーなんですが・・・



実はですね・・・

大人数を纏めるとかというのは大の苦手・・・


今まで自ら幹事とか発起人なんて考えたこともない(>_<)


高知遠征の時のY店長のあたふた振りを見ていたので、
計画しておきながら正直自分にそんなことができるのか不安でした・・・



なので事前から誘ったメンバーだけの掲示板を作り、

「持ってこれるもんあったら持ってきて~」

と募ったら、

「あれ持っていくで~」「これ持っていくで~」


と皆さん協力してくれたおかげで、当日の買い出しは野菜とあとちょこっと買い足すだけで済むことになりました^^


まず、たまーぼさんが友人さんに頼んでくれて「星山の白ホルモン」と、クロさんが焼肉用に「飛騨牛」に「牛刺しと馬刺し」に、集合の前に釣ってきた「アオリイカの刺身」、ノブさんが三重県まで寄り道して仕入れてきてくれた「海鮮物」、シンパパが一旦帰宅して奥さんのみいままと可愛いお子さんのとっとちゃんとえいちゃんを連れて、バーベキューセットとまな板に包丁を持ち寄ってくれたのでした!!!


皆さん、ホンマ助かりました!


しかし、なんちゅう気の利く人達なんでしょ^^




IMGP0174_copy.jpg


総勢17人で楽しいバーベキューの開始~♪


今回集まってくれた皆さんは「わもん」としか面識がないのに、

初対面同士でも勝手にワイワイしてくれてます♪



皆さんが全然会話できんかっらどないしょ? という心配も吹っ飛び、
肉や野菜を切る作業から炭に火を入れる作業まで全部手伝ってくれて、
おかげで予想してたよりめっちゃ楽ができました^^

後で考えたら、「肝心のわては何の作業したっけ?」


と思い出せんくらいで ( ̄∇ ̄*)ゞ





IMGP0176.jpg

上が星山の白ホルモンと野菜とうどんで作ったなんちゃらというやつ(汗)

んで、飛騨牛にタコに伊勢えびまで!!




IMGP0177_201.jpg

新鮮なアオリイカの刺身~♪

写真は無いけどこれにまだ牛刺しに馬刺しがありまんねん!



めちゃめちゃ最高にうま~~い!!!


しかしこんな豪勢なバーベキューって有りなん?(・_・;)




そして途中にクロさんが師匠と仰ぎ、南紀で伝説の採集家と呼ばれる一人であられるクマさんがなんとこのバーベキューのために、クロさんの呼びかけで遠い所をわざわざ駆けつけて参加してくれました!
サプライズゲストの登場で総勢18人! まさかのすごい人数になりました^^


クマさん、遠いのに本当におおきにでしたm(__)m



そして食べて飲んでしながら、採集方法とポイント選びの情報収集。

猛者どもに加えてクマさんまで揃ってかなりレアな情報まで飛び交う中、


食べ物は美味いしアホアホな話で盛り上がって楽しいし、
ついつい酒が進んでいつもの如く途中から記憶が無いのよね( ̄∇ ̄*)ゞ


なんで、盛り上がってる時の写真を撮るのを忘れたので、おそらくたまーぼさんかクロさんがその辺の画像をそのうちアップしてくれると思います(汗)




IMGP0228.jpg

翌朝にクロさんから頂いたお土産~^^

このおっさんはいつも憎らしいくらい気が効きよる(;一_一)



そして前日・前々日から仕事しながらや準備しながらいろいろと忙しく連絡を取り合ったり、荒れた海での格闘での疲れと酒のせいで珍しく早くにバタンキュー・・・



明けて翌朝、

チビちゃん達がいるシンパパ・みいまま一家とは前日のバーベキュー後にお別れし、朝は帰路に向かう人や釣りする人などそれぞれなどでキャンプ場で解散ということになりました。



初めて自分が主催したオフ会。


最高の仲間、最高の友達達のおかげで最高に楽しいオフ会になりました!

相変わらず飲み過ぎたけど、飲んで酔っても怪我をすることなく無事に楽しく終わる事ができました!



見た目、

胡散臭くて危なそうなおっさんばかりやったけど、
中身は気の良い楽しいおっさんばかりでホンマ楽しかった~^^


まだまだ書き忘れたことがあるはずやけど、
恐ろしく長くなるのでこの辺で(汗)


皆さん、今回で懲りずにまた遊んでや~


ほな


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

新水槽設置に向けて 10 

今回は土曜日に連れて帰った生き物のその後と、
水槽のその後をまとめさせてもらいます。



まず、餌付け用の40cm水槽(以後「40」)にはまだ旧メンバーが居るため、どれをどう移動させたら良いか、どういう段取りで進行しようか頭がこんがらがりましたが、無事にその日のうちに移動は終わりました。


帰ってからまず、40の旧メンバーからボスクマノミとチビホンソメだけを残し、ナミチョウ・アケボノ・サザナミ・ハコフグを一先ず20cm水槽に移して90cm新水槽(以後「90」)との水合わせ。

同時に新しいメンバーのトゲチョウ・トノサマダイ・ミナミハコフグ・サツマカサゴを40と、ヤドカリ・カクレエビ・イソギンは90と水合わせ。


水合わせが済んで、旧メンバーを90に投入し、40に残したボスクマだけを3分の1で仕切った分に隔離し、3分の2の部屋に新メンバー達を投入。

続いてヤドカリとイソギンを90に、カクレエビを90のごま塩部屋へ投入。



完全に水が出来上がったとは言えない心配な状態での強行移動(汗)


頼むからなんとかなってくれ~(>_<)


作業が終わったのが深夜だったので、翌日に確認 ↓




IMGP0112.jpg

取りあえず問題は起きてませんでした(^^;




IMGP0113.jpg

イソギンも希望通りの場所に定着♪



IMGP0115.jpg

チビのクロクマは嬉しさで興奮してるようでした^^



※とここで・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


前記事でこのサンゴイソギンを採取したことを書きました。

これはあくまで個人的に認識していたことなんですが、
海では漁業権で守られているアワビやサザエ、イセエビなどの採取はもちろん禁止で、見つかると当然法律で罰せられます。そしてサンゴをバキバキと折って採取することも罰せられるけど、イソギンは問題無いものだと思っていました。ところが、人によっては「サンゴもイソギンも同じ無脊椎、採取することは同列の罪で罰せられるべき」と思う人も多いことを知りました。法律的にも微妙で曖昧な部分が多くて難しく、前記事で書いたことが許されることなのか許されないことなのかがはっきり言えないのですが、少なからず気分を害した方がおられると思いますので、世間的に法律的にはっきり「OK」のサインが出て、この辺の事情が理解できるまではイソギンの採取をしないようにします。認識不足でこの度は申し訳ありませんでした。

(それにしても海の法律は地域によっても違うし曖昧で難しい・・・)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



IMGP0138.jpg

90のごま塩部屋のカクレエビ。

ちょくちょくスジエビモドキが濾過槽に落ちてるけど、
ここなら落ちる心配も他の生き物に襲われる心配も無し^^



IMGP0137.jpg

嫁が採ったアオボシが早速着替え~♪

この貝殻、ホンマに人気なかったんですけどまさかでした^^




IMGP0146_201.jpgIMGP0122.jpg

40で餌付け開始の面々。

ハコフグはお腹にも斑点があるし、やっぱりミナミですよね?(^^;




IMGP0117.jpg

ボスクマが「なんでわしだけここなんじゃああああ!!!」

と怒っております(^^;





IMGP0152_201.jpg

前記事で同定していただいた3cm程度のサツマカサゴ。
肉食魚の上に、棘には毒があるそうな・・・

でも、しばらく飼育したくなるほど面白い泳ぎなんです!

動画で撮ってみました ↓







魚やのに泳ぎが下手というか、歩くのが下手というか・・・

他にも面白い行動をいっぱいするし、どないしょ(^^;



そしてわずかなスペースながら、
ヤドカリパーク(ヤドカリが遊ぶ陸地)を作りました ↓



IMGP0140.jpgIMGP0141.jpg


枝サンゴのライブロックを突き刺しただけなんで、
オニヤドカリなんかが登るとすぐに崩壊します(汗)

これ以上大きいライブロックを組むのは崩れるのが怖いし、
魚が泳ぐスペースも狭くなるのでここまでで諦めましたorz



そして火曜日。

3重管の隙間から濾過槽に落ちないように上下の穴にネットを設置。




IMGP0155_201.jpg

90に移動させるためにボスクマを水合わせ中。

約4cm。
一応来宅時の2cm強から成長してたんやね(汗)


なんでボスクマだけ遅らせたかというと、先にボスクマがイソギンに入ってしまうとクロクマが近付くことができなくなると思い、クロクマが完全にイソギンに定着して「先輩」にさせるためでした。


しかしその思惑は大外れ・・・

ボスクマが解放された途端、クロクマはパニックになって自らイソギンを手放してしまい、旧水槽時代と同じく隅の方でひっそりと暮らすようになってしまいました・・・


その数時間後には案の定ボスクマがイソギンに・・・

解放するのをもっと我慢したほうが良かったのか、
それともそもそもノーマルクマノミのペア化は無理なのか・・・




IMGP0166.jpg

白い方がいいのか緑のほうがいいのかわかりませんが、

綺麗な白の先は薄っすらピンク色。


なんとなく吸いつきたくなるのは男の性(さが)?( ̄∇ ̄*)ゞ



そして予定の場所にソメンを移動。




IMGP0161.jpg


「くぉぉるぁぁああっっ!! くぉくぉから出さんかいっ!」

前の産卵BOXに比べたらはるかに広いのに・・・
暴れまくっております(^^;


餌付け部屋ではトゲが日曜から、トノサマが月曜からアサリを食べ、
火曜からはアサリとハンバーグのMIXを与え、
水曜からは2匹ともバクバク食べてます~^^


これってドゥーですか? 順調なんですかね?^^
そろそろ粒餌を混ぜていこうかな~♪


心配なのがミナミハコフグとサツマカサゴが食べる気配なし・・・


90の動画です ↓







ナミチョウとアケボノは旧水槽の時からこんな感じでしたが、
広くなって泳ぐのが楽しくなった? ように見えます^^



仕上げ? に40のほうに ↓




IMGP0168_201.jpg

壁紙を貼ってみたけど・・・ 

思ったよりイマイチ(^^;
(90でもやりたかったけど面倒くさくてパス)



ちゅうことでまたもやえらい長くなりましたが、

水質の心配を無視して強行したものの、


これで「新水槽完成!」


で、このシリーズは終了しても大丈夫ですよね?(^^;




水槽とキャビネットが手に入ってから苦節1年4ヶ月・・・

いくつもの壁や難題、度重なるトラブルや妨害を乗り越え、
取りあえずやっとこさ完成!ということにしたいと思います。


応援、心配、アドバイスしてくださった皆様、

本当に有難うございました!m(__)m



あっ!

はよヒーターの準備せねば(汗)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

リベンジの海 

金曜の仕事を早めに切り上げ、

帰って風呂入って道具積んで即出発。



今回は2週間前に逃したデバスズメのリベンジと、
クマノミ用のサンゴイソギンの調達が目的!



のはずやったんですけどねぇ・・・


やらかしてしまいました・・・



せっかくアドバイスを頂いたのに、

辛抱ができない悪い子ですいません(汗)



で、土曜日は満潮が7時32分、干潮は13時33分。

仮眠を取って起きても満潮で磯にはまだ早いので、
漁港を巡って久しぶりに岸壁採集。


ツノダシやハタタテダイを狙うも、うちの道具と腕では到底かなわず、
散々弄ばれて終了・・・orz

磯より岸壁のほうが遥かに難しいっす┐('~`;)┌


そしてリベンジのポイントへ移動して潜る準備。


この日の海の透明度は抜群!
特に午前中はかなり綺麗で、もしかして今までで最高かも?
と思うくらいでしたが、先日の台風の影響なんですかねぇ?

そして今年の異常な暑さのせいか、かなり水温は高め。
おそらく普通に30℃はあったんではないでしょうか・・・


先日、だにさんとケントパパのブログでサンゴの白化が進んでるというのを見ていたので、確認の意味も込めて泳いでみると、2週間前と比べると明らかに白くなってしまったサンゴが増えていました。


全部が白化してしまってるわけではないけど、少々痛々しかったのと、
カメラがまた壊れたらブチ切れてしまいそうなので水中写真はありません(汗)


で、リベンジのデバスズメですが、

同じポイントに前回は7~8匹いたのが、この日は4匹に・・・


誰かが採った? それともどこかに移動した?



まぁ、取りあえず攻めて見るものの何度やっても駄目・・・

もうちょっと潮が引いてから再度攻めようということで、
イソギン探しと他の生き物を軽く物色。




IMGP0095.jpg

初めて見つけたソデカラッパ^^

特定の条件の場所には意外とたくさん居て、
おそらくクルマエビの仲間?のエビと追いかけっこしてたり、
なかなか面白い場面が見れました^^



IMGP0093.jpg
(腹側)

これを見て、ガンダムに出てくるモビルアーマー、


ビグザムを思い出すのは僕だけでしょうか(^^;


次に ↓



IMGP0084.jpg

嫁の好きなEXILEのマキダイ。

やなくてマツダイ(^^;


まるで枯葉が流れるように泳ぎ、魚と気付いてももしかして死んでる?
と思うような泳ぎ方をしていました。

肉食魚なので、嫁に見せて写真だけ撮ったら即放流。

の予定が、自分のミスでこの時点ですでに☆に・・・
元々死んで漂うかのように泳ぐので紛らわしいです(>_<)

あ、☆になった理由は後ほど・・・




そして連れて帰った生き物は、



IMGP0098.jpgIMGP0100.jpg

「初めて自力で見つけた~!」
と、嫁が採ったアオボシヤドカリと、またまた久々のヤマトホンヤドカリ。


レアなはずのアオボシが前回に続いて見つかったけど、
異常な暑さのせいで今年は多いの?

それにしてもこれで我が家に2匹のアオボシ・・・
巨大化するヤドカリやのに・・・ 大丈夫か?(・_・;)


次にサンゴイソギンを採ろうとしていた時に ↓



IMGP0087.jpg

イソギンチャクカクレエビ?

何匹と挑戦してもイソギンがなかなかうまく採れないでいる時、
何回も遭遇したエビのうちの1匹。


「このままイソギンに集中すべきか、エビを採るべきか」

「二兎追うものは一兎をも得ず」のパターン┐('~`;)┌


でもなんとか1匹確保できただけでもよかったです^^




そして、やらかしてしまったのは、



IMGP0091_201.jpgIMGP0104_201.jpg
IMGP0101_201.jpg

トゲチョウ・トノサマダイ・ミナミハコフグ。


この辺でナミチョウに次いでよく見かけるのはフウライかな?

でもフウライは3度飼育して全敗。
採ろうと思えば何匹でも採れそうなくらい居るけどパス。

個人的にトゲチョウのはっきりした白黄のコントラストが好きで、
可愛いサイズがいたのでつい・・・



トノサマもサンゴの多い場所では普通に見られる種。

でも、ポリプ食ということと、枝サンゴに執着するので採りにくい!
ということでずっと敬遠していたのが、最近アサリで餌付いてるというのよく目にしていたので、水槽が完全に立ち上がって餌付け水槽が完全に解放されたら「是非連れて帰ってみよう!」と思い、それまでは我慢!

と思ってたのについ・・・


そしてミナミハコフグ・・・

「これは正真正銘のミナミちゃうか!」

でも先住のハコフグに虐められるかも・・・


という忠告を余所に、

「じゃあ隔離して飼う!」

ちゅう嫁の一存で、パチンコ玉サイズのミナミハコフグもつい・・・



しかし先住のノーマルハコフグの呼び名が「ミナミちゃん」・・・

名前どうするんやろ・・・(・_・;)




そしてこの方はだ~れ?



IMGP0105.jpg

頭が爬虫類っぽくて、手で触っても逃げないほど肝が据わってる魚・・・
胴体部分がなんとなくテグリ系?と思って調べても解らず・・・

動きがコミカル?で面白い泳ぎ方でこれもつい・・・


これってヤバい系なんですかね?
どなたかご存知ないですか?(^^;



結局デバスズメは何度挑戦してもリベンジできず・・・orz

他のスズメダイと比べてかなり賢い印象でした。



そして最後にもう一つの最大の目的のイソギン!


欲しいサイズを意外と見つけるも全然採れん!剥がせん!(>_<)



諦めかけた時に嫁が、

「こんなんは~?」と持ってきたのが ↓



IMGP0086.jpg

鶏の卵くらいの可愛いサイズ!

本当はこぶし程度のが欲しかったけど全然採れんし、このイソギンは奇跡的に枝サンゴが死んで石化して砕けた一部に貼り付いていたもの!


贅沢は言ってられんというか、逆に最高に可愛いイソギンではないかい?^^

散々苦労してこのイソギン! もちろん持ち帰り~♪



で、先に書いたマツダイの存在をすっかり忘れて同じ生け簀にこのイソギンを投入したことで、マツダイは☆になられたのでした・・・orz




と、後先考えずにというか勢いで連れて帰ってしまった面々・・・


水換え我慢、生体の移動我慢というのに・・・


こんなに連れて帰ってしまいました。

アドバイスして頂いた方、心配して頂いた方、


聞きわけの無い辛抱が足らんおっさんで本当にすいませんm(__)m



さて、帰ってからどういう行動をしたでしょう?

って他人事みたいに書いてますが(^^;


帰ってからの続きは次回に




IMGP0106.jpg





おまけ




IMGP0107_201.jpg


戦いの後はもちろん「白くま」っしょ!


今回はもちろん「ボチャンッ」はしませんでしたよ(^^;










にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

新水槽設置に向けて 9 

最後のアイテムが昨日(木曜)に到着し、





とうとう!







新水槽完成~♪



そのアイテムとは ↓





IMGP0072.jpg


1023わくわくステッカー


これを水槽に貼って完成~♪



ちゅうのは冗談でして(汗)

たまたま時期が重なってただけ(^^;



実際はまだまだ思い通りにいってません・・・orz


月曜日の40cm水槽が完成した時に、ホンソメA・クマノミB・ナベカと、ヤドカリのほとんどを90に移動。



IMGP0052_20.jpgIMGP0053.jpg

ナベカのナベ太郎には撮影拒否され・・・


火・水曜とも亜硝酸は0.2・・・


実は平日にもかかわらず、水曜日には南紀までまた海水を汲みに行き、
ついでにクマノミ用のサンゴイソギンを調達!


と企んでいたのが、台風の影響で予報では波の高さが3mで、風速は10m以上・・・


水質改善のために天然海水で水換えしたかったのに断念・・・


南紀を断念したので、わもん家の主治医的ショップ「やどかり屋」へ
相談しに行こうと思ったらちょうど定休日・・・


40水槽用の照明が欲しいし、早くイソギンも欲しいので取りあえず大型のショップへ。

ここは移転してから初めて行ってみたけど、照明もイソギンも品薄・・・


そこで隣町の一度行ってみたかったショップ(ノブさんの縄張り)を調べたら、
そこもちょうど定休日・・・


仕方なく別の大型店まで走るも、希望のイソギンがいなかったのと、
水質のこともあってもらったアドバイスからバクテリアと照明だけ購入。



で、帰宅後苦肉の策で60Lの水換えとバクテリアを再投入。


明けて木曜日。



IMGP0067_201.jpg

左から90の亜硝酸、硝酸塩、40の亜硝酸、硝酸塩。
この写真では解り辛いけど、まだ90には亜硝酸が・・・


う~~ん・・・

やっぱり段取り失敗したかな?
もうちょっとしたら亜硝酸が下がってくれるかな?(・_・;)


しかし40のほうの水質は、今までの60の時と全く同じ。

よくこんなんで病気も無くチョウが飼育できたもんやね(^^;



40のほうに残った生体の移動はもうちょっと様子を見るとして、




IMGP0074.jpgIMGP0076.jpg

IMGP0083_201.jpg


全体で見るとやっぱりステッカーちっさいなぁ(^^;


40のほうは ↓



IMGP0078_201.jpgIMGP0082_201.jpg

取りあえずLEDの照明やけど、無いよりかははるかにマシやね^^



それにしても40のほうの水質が安定してることが謎やけど、
たぶんキャパオーバーしてるやろし、早く90が安定してほしいっす(>_<)



おまけ



IMGP0069.jpg

普通はカムフラージュして目立つのが嫌いなイソクズガニ。

この方は前面に出ることが好きな変わったカニです(^^;




IMGP0060_20.jpg

8月22日に連れてきたベニワモンBが、
希望通りのごま塩カラーの貝殻に着替えてくれました^^


さて、



このシリーズ・・・



いつ終わるんやろ(・_・;)





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
08« 2010/09 »10

南紀台風被害救済支援

Reef Ring

プロフィール

わもん

Author:わもん
大阪府在住
いい歳になってから嫁さんと共にヤドカリや地味な魚から綺麗な魚までを採集し、飼育することに魅了されました。
採集は07年7月から、ブログは08年7月からですが、どちらもまだ初心者レベルです(^^;

コレクション

コレクション

ヤドカリ検定


ヤド検1級2007/10/28合格

ヤドカリスト2種2008/7/25合格

ヤドカリスト1種2010/7/16合格

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

お役立ちサイト

1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -
マリンアクアリウムの基本からヤドカリ検定や超ヤドカリ図鑑、疑問質問で御馴染のBBSちゃんぷるなど、海に関する情報満載のエイジさん運営のサイト


磯遊びという趣味の楽しさから、自家採集を楽しむにあたっての磯やネット上での注意事項などを分かりやすく説明してくれているsyunさん運営のサイト

図鑑

超ヤドカリ図鑑 by 1.023world

お気に入りショップ

FC2カウンター

現在の来客者数「おおきに~」

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

潮汐表

和歌山県-串本
提供:釣り情報フィッシングラボ

タンクメイト

90水槽 魚類
・チョウチョウウオ 2009/7/23
・サザナミヤッコ 2009/8/13
・ホンソメワケベラ(譲受) 2009/8/15
・アケボノチョウ(譲受) 2009/9/22
・ツノダシ 2010/9/19
・ヒレナガハギ 2010/10/5
・ホシハゼ 2011/7/16
・カエルウオ 2012/9/16

90水槽 ヤドカリ
・Diogenes klaasi 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/12
・ツマキヨコバサミ 2010/9/20
・サンゴヨコバサミ×2 2010/9/20
・イモガイヨコバサミ 2010/10/24
・イソヨコバサミ 2010/11/7
・タテジマヨコバサミ 2010/11/7
・サンゴヨコバサミ 2010/11/21
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/7/16
・ベニワモンヤドカリ 2012/7/21
・ベニワモンヤドカリ 2012/9/15
・セグロサンゴヤドカリ 2012/9/15

90水槽 その他
・マガキガイ 2012/7/22
・ハナビラダカラ 2012/7/22
・ホシキヌタ 2012/7/22

40水槽 魚類
・サツキハゼ×3 2011/9/11
・クロユリハゼ×8(譲受) 2012/9/16
・ヨウジウオの一種 2012/9/16

40水槽 ヤドカリ
・Diogenes pallescens 2011/7/16
・グアムサンゴヤドカリ×3 2011/8/19
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/9/10
・マダラヨコバサミ 2011/9/23
・グアムサンゴヤドカリ×2 2011/10/10
・ケアシホンヤドカリ 2012/4/8
・ケブカヒメヨコバサミ 2012/4/8
・Boninpagurus sp. 2012/4/8
・ウスイロサンゴヤドカリ×3 2012/7/21
・クリイロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・ツマジロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・クロシマホンヤドカリ 2012/7/21
・アオヒゲヒラホンヤドカリ 2012/7/21
・Diogenes pallescens 2012/7/21
・ツマキヨコバサミ×8 2012/9/16
・イモガイヨコバサミ 2012/9/16

40水槽 その他
・キイロダカラ 2010/10/24
・マガキガイ 2011/9/23
・ニセクロナマコ 2011/9/24

にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村

検索フォーム

PROJECT

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。