スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

ひょっこり出てきた! 

年始の点呼の記事で、

昨年中に全滅したと書いてしまったケブカヒメヨコバサミが!





IMGP2148.jpg


先日ひょっこり出てきました!!!


3匹のうちの最後に残っていたこの子。

11月辺りから全然見ていなかったのでホンマにびっくりしました!

ひっそりと生きてたんですね~
よかったよかった




IMGP2146.jpg
(ケアシホンヤドカリとの2ショット)

この2種は他のヤドカリと比べていつも長生きさせられませんでした。

でも4月まで飼育できればどちらも初めての1年超え!


なんとか1年の壁を超えさせたいものです♪




それと、



IMGP2144.jpg


こちらは点呼では生きていると書いたものの、滅多に姿を出してくれないので本当に生きているのか少し自信が無くなりかけていたヨモギホンヤドカリ君。


どうやら宿の引っ越しのために珍しく表を徘徊していました。




IMGP2147.jpg


写真は同じ子ですが、もう1匹のヨモギ君も無事発見でき、
同じくこちらも4月が来れば初の1年超えです♪



えっと、



前回は一方通行な記事になってしまって本当に申し訳ありませんでした。

まだ風邪のほうが完全に完治してませんが、取りあえず復活しましたので、

どうかこれからもよろしくお願いします~m(__)m





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

スポンサーサイト

4・5日は大丈夫? 

先日、急遽5日ほど家を空けることがありました。


去年の夏に帰省した時も心配しましたが、去年は魚がスズメやギンポしかいませんでした。

でも今回はチョウやサザナミ、ハコフグにホンソメとデリケートそうな魚が多い・・・



そんな中、魚やヤドカリ、エビや貝の全ての生き物が全員無事でした!^^


念のため活性が上がらないように照明は昼に1時間だけ点灯するように出かけました。

なぜ1時間だけ?と聞かれても特に意味はありません(汗)


これでうちでは4・5日出掛けるくらいなら大丈夫ということがわかりました。

でも、システムや生体の数でかなり違いは出ると思うので、
全ての水槽で大丈夫ということではないのであしからず(汗)




え~・・・


家を空けた理由ですが、
15日深夜に嫁さんの母方の祖母が他界されたと連絡が入りました。

翌日の16日の朝の飛行機で急いで宮崎へ飛び、
実家から10分ほどのばあちゃん家へ駆けつけました。


暦(友引)の都合で葬式が18日になったのと、
人手(女手)不足で手伝いもあって大阪に帰ってきたのは20日の夜でした。



自分はばあちゃんとは2回しか会ってなかったけど、
たった2回でも会っておいて本当によかったと思いました。


ばあちゃん家にはいろんな手作りのものがありました。
畑では野菜や豆はもちろん、小豆(あずき)まで自分で栽培していて、
以前は醤油も作っていたそうです。

そんなばあちゃんの手製の中から、遺品?となる味噌や漬物を頂いて帰りました。


しかし、去年の帰省時はじいちゃんが入院中で、その後無事回復して一安心してたのに・・・

まさか突然ばあちゃんのほうが・・・


みなさん本当に悲しみに暮れていました。
もう2度とばあちゃんが作った味に会うことができません・・・


もっともっと教えてほしいことがたくさんあったし、
毎年会えると楽しみにしていたのに本当に残念です・・・


そして、じいちゃんの「自分のせいだ」と自分を責めている姿は、
本当にいたたまれなかったです・・・




祖父母の家にはいつも猫が居ます。
飼っているというより勝手に住み着いている半野良猫。


今回帰った時には3頭の成猫と2頭の子猫がいました。
成猫は置いてある餌を黙って食べるだけでほとんど人に懐きません。

でも、2頭の子猫だけはなぜか人に寄ってきます。

黒白と茶白の2頭の子猫。


なぜかばあちゃんが唯一茶白の子猫だけに「チャーリー」と名付けていました。


自分ら夫婦は二人共犬派で、猫は嫌いではないけど特に興味はありませんでした。
特に自分は猫アレルギーで、可愛がるとくしゃみと鼻水が止まらなくなるので(汗)

でもなぜかチャーリーだけはすごく気になっていました。


産まれて数ヶ月は経つはずなのに、ほとんど眼を開かずずっとよちよち歩き・・・

人が近くに居るとすぐすがり付く上に、
まるでばあちゃんを探すかのように何度も家に上がろうとします・・・
よちよちのくせに30cmぐらいの高さの軒を一生懸命・・・


どうやら何かしらの病気のようでした。


そんなチャーリーを自分と嫁はいつの間にか大好きになり、
いつも猫を追い払っていた大の猫嫌いの伯父さんまでもが、
いつの間にか可愛がるようになるほど愛らしい子猫でした。


大阪に帰ってきた翌日の21日、

その可愛かったチャーリーが・・・

ばあちゃんが息を引き取った同じ場所で後を追うように・・・



チャーリーは本当にばあちゃんを探してたんでしょうね・・・


たった2回だけ会ったばあちゃんと、
短期間会っただけのチャーリー。


自分は本当の祖父母の思い出が全くありません。
生涯猫を飼ったこともありません。



でも、すごく大事で愛おしい存在を立て続けに亡くしたようで本当に悲しかったです・・・




宮崎の昼夜の気温差はすごく激しく、
昼間に20℃近くまで気温が上がって暑いくらいかと思うと、
最低気温が氷点下になるほどで、上下20℃くらいはざらにあるそうです。


大阪に帰ってきてしばらくした途端にどっと疲れが出て、
案の定、二人揃って風邪をひいてしまいました。


まだ二人共風邪が治っていないのと、いろいろ悲しいことを思い出してしまう状態です。


なのでみなさんのブログへコメントの訪問ができてなくて
本当に申し訳ありません!

久しぶりの更新なのですが、またしばらく休むと思います。


また落ち着いたら再開します。

みなさんの所へなかなかコメントに行けない上に、
勝手ながら今回はコメントの受付無しということにさせていただきますが、
どうかみなさん、ご理解のほどお願いしますm(__)m



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

点呼・その他 

今回は点呼シリーズ最後です。


その他といっても我が家にはサンゴはいまへん。





IMGP2128.jpgIMGP2116.jpg

マガキガイ                     イソカニダマシ



同じく古株順に並べます。


08・4・6
 スジエビモドキ
 ウメボシイソギンチャク
08・4・27
 イソカニダマシ
08・5・7
 ヨコシマエビ
08・8・16
 アカウニ
09・5・6
 スジエビモドキ
09・5・24
 ニセクロナマコ
09・6・7
 マガキガイ×2
09・8・23
 イソスジエビ×3
09・9・22
 スジエビモドキ×2



他にスガイ、クボガイ、イシダタミガイ、ハナビラダカラなどの貝も居ますが、
マガキガイ以外に関してははっきり把握できていないので省略します(汗)


とまあ、点呼を取っても特別珍しい生き物はいてません(^^;



気付いた事といえば、もうすぐ飼育2年になる生き物が意外と多い!


07年に採ったエビやヤドカリの甲殻類は早々と☆になるのが多かったのに、08年組からのエビはほとんど☆になることもなく、それどころか大きくなって放流しないといけないほどでした。


その中でもお気に入りのヨコシマ君がこんなに長生きなのは嬉しい誤算!^^

ただ、未だに嫁さんを見つけられずに独身で我慢させてしまってるのが申し訳ない



それといつも掃除役に採ってくるイソスジエビ&スジエビモドキ!
エビは水質の変化に弱いらしいということで、07年から08年前半にかけて採ったエビはほとんどが☆になっていったのに、その後のエビは☆になるほうが少ないという優秀ぶりです!





IMGP2136.jpg

エビ平原と名付けたこの場所にはヨコシマ君以外のエビがよく集まっています


魚、ヤドカリと続いて、病気もなくエビも長生きということは、
やっぱり水?バクテリア?などがうまくいってるということでおk?(^^;



しかしもう☆寸前の生き物もいます・・・




IMGP1924.jpg

ウメボシイソギンチャクのウメさん。

写真は10月撮影で、その後12月後半まで出てきませんでした。
実は、アケボノチョウがやってきてから急に砂に潜りっぱなしに・・・


どうやらアケボノが餌として突いてるようで、嫌がって潜ってたみたいです。

でも、最近引っ張り出されてから突かれまくりで大きさは最初の5分の1くらい・・・
すでに瀕死の状態なのであとわずかの命でしょう・・・orz


まさかアケボノがウメボシを餌にするなんて計算外でした(>_<)



あと、ナマコ君もほとんど砂に潜りっぱなしなんですが、
こちらはヨコシマ君を嫌がってのようです(汗)






IMGP2115.jpg


ナマコ列車でシュッポッポー! (by ヨコシマ)


たまに出てくるとこんな感じ


ちゅうことで点呼終わりです~^^







にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

点呼・ヤドカリ 

前回に続いて今回はヤドカリ編です。



IMGP1912_20100106222900.jpgIMGP2138.jpg

ホンドオニヤドカリ              クリイロサンゴヤドカリ(若奥さん&生娘)
     



IMGP2125.jpgIMGP2118.jpg


アオヒゲヒラホンヤドカリ           ホンヤドカリ&クロシマホンヤドカリ              




我が家のヤドカリ全員を同じく古い順に点呼を取ると


  
08・7・21
 クリイロサンゴヤドカリ(若奥さん)
 ユビワサンゴヤドカリ
 ウスイロサンゴヤドカリ
08・8・3
 クリイロサンゴヤドカリ(生娘)
08・8・16
 ホンヤドカリ
08・9・15
 スベスベサンゴヤドカリ
 ベニワモンヤドカリ
09・4・11
 ケアシホンヤドカリ
 ヨモギホンヤドカリ×2
09・5・24
 ホンヤドカリ
 クロシマホンヤドカリ
 ウスイロサンゴヤドカリ
 ツマジロサンゴヤドカリ
09・6・7
 アオヒゲヒラホンヤドカリ×2
09・7・23
 ホンドオニヤドカリ
09・10・11
 クロシマホンヤドカリ
 アカツメサンゴヤドカリ


が確認できました。

他にも09・9・21に採ったツノヤドカリ属の Diogenes pallescensが2匹居たはずなんですが、ここ2週間ほど全く見かけないのでもしかしたら・・・



IMGP2123.jpgIMGP2124.jpg

アカツメサンゴヤドカリ           ケアシホンヤドカリ(左)&スベスベサンゴヤドカリ



IMGP2129.jpgIMGP2142.jpg

ベニワモンヤドカリ               ツマジロ(左)&ウスイロサンゴヤドカリ    




ヤドカリ多いなあと感じた方もおられるかもしれませんが、
今まで常時20匹以上は居たので我が家ではこれでも寂しいほうなんです(^^;


思い返せば結構な数のヤドカリが☆になってます・・・

去年の最終点呼(09・6・22)以降、夏ごろまでに☆にしてしまったのは、

クリイロ(ギャル男)、ウスイロ、セグロ、ホシゾラ・・・


夏以降に☆になったのは、

スベスベ、ツマジロ、ケブカヒメ×3、ヤマトでした・・・


自分としてはかなり犠牲にしてしまったという申し訳ない気持ちです。



ん? 

ヤドカリの数を把握できてるのが気持ち悪い?


いやいや、一応可愛がってるとわかるもんですよ~
ま、何匹採ってきたかもきちんと記憶しておかないとあきません(^^:


そういえば飼育を始めてもうすぐ2年半というところですが、
素人なりに色々気付いたこと、判ってきたことがあります。



まず、「小さい・大人しい・恥ずかしがり屋」=「弱い」とは限らないようです。

ヨモギ、アオヒゲ、ウスイロ達は大人しくて良い子で最近長生きですが、
大人しいヤドカリの中でもケブカヒメヨコバサミだけはどうも争いに弱いようです・・・



次に水質にうるさいヤドカリ。

07、08年に採ったヤドカリの中では、意外とホンヤドカリ属が弱かったです。
特にケアシホンヤドカリが水質に敏感のようで、それまで半年も維持できなかったのが今回のケアシはすでに9ヶ月になり、魚の白点病が去年は全く出なかったということと合わせると、おそらく水質が改善されたからだと思われます。



最後に引っ越し。

ヤドカリって水槽に投入してすぐとか、新しい貝殻を投入するとみんなせかせかと見定めしたり引っ越すんですが、極端に大型化しないヤドカリはある程度になるとほとんど引っ越ししなくなるようです。

現に08年に連れてきたヤドカリの中で、ユビワ、スベスベ、ベニワモンが最近引っ越しただけで、それ以外は半年以上引っ越ししていません(汗)


スベスベの場合 ↓




IMGP1926.jpg

シッタカにスガイがくっ付いているさらに上に陣取ってますが、
この2匹ともこのスベスベが食べてしまい、そのスガイの殻に最近引っ越し(゜o゜)
おそらく8ヶ月振りくらい。



そしてユビワの場合 ↓





IMGP1290.jpgIMGP2052.jpg

(09・6・22)                  (09・12・4)


12月後半までこの貝殻に拘っていました(汗)

そして ↓




IMGP2141.jpg

自分で前髪を揃えたか? 

と思ったらよく似た別の貝殻にやっと引っ越したのでした(^^;



という風に、
1年を超えたヤドカリの全てが最近半年以上引っ越しをしていなかったことがあるのです。
特にユビワとベニワモンは1年近く同じ貝殻でした(汗)

さらに、
ヨモギは2匹とも我が家に来てから9ヶ月で、1回も引っ越してないような(゜o゜)


これはあくまで我が家のヤドカリの話なんですが、
もしかしたら飼い主が的外れな貝殻しか投入してないだけかもしれません(汗)



と、まだまだ何か書き忘れた感があるけど今回はこの辺で~


あっ!

そういえば今回は1回もフリーズしてない!

なんでや!!!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

点呼・魚 

本当は去年の12月中に更新したかったネタでしたが、
暇がなかったので今回から点呼シリーズで(^^;


現在我が家に住んでいる魚達を紹介します。



IMGP2122.jpg


古い順に点呼を取ってみますと


08・8・16
 ナベカ(2代目ナベ太郎)
09・7・23
 ナミチョウ(ナミちゃん)
 クマノミ(2代目ボスクマ)
 タテガミギンポ
09・8・13
 サザナミヤッコ
09・8・15
 ホンソメワケベラ
09・8・23
 カエルウオ
09・9・21
 クマノミ(クロクマ)
09・9・22
 アケボノチョウチョウウオ
 ハコフグ(みなみちゃん)


魚はこれだけですが、この中でホンソメとアケボノはもちのすけさんにいただいたものです(汗)


今まで残念ながら☆になったり、成長が早くて放流したり里子に出したりした魚もあったので、魚そのもののはっきりした寿命はわかりませんが、初代のナベカ(ナベ太郎)を超えて2代目ナベ太郎が我が家で一番の長生きの魚になりました♪

今までの最長が初代ナベ太郎の11ヶ月余りだったので、
1年4ヶ月半は我が家で最長記録です^^

そのナベ太郎も現在住宅難で・・・(汗)


IMGP0887.jpg

以前からお気に入りだったこのオオヘビガイの巣が崩壊して ↓



IMGP2133.jpg



こんな状態になってしまったために ↓



IMGP2132.jpgIMGP2139.jpg

いろんな家を放浪しています(^^;




IMGP1840.jpg

「お気に入りやねん! はよこんなん調達してきてくれへん?」

と言ってるんでしょうかね(^^;




んで綺麗な黄色だったハコフグのみなみちゃんは




IMGP2107.jpg

背中には白の水玉模様まで出てきました(汗)




そして一昨年惨敗続きだったチョウの飼育で、
去年からチョウの最長記録更新中のナミちゃんは ↓



IMGP1547_20100103222313.jpgIMGP2137.jpg

随分色が汚くなってしまいましたが、
幼魚の証?の背鰭後方の黒い丸がだんだん薄れてきたみたいです。




IMGP2121.jpg

ホンソメもかなり成長して白い部分が増えてきてます^^




IMGP2140.jpg

サザナミ君は・・・
ナミちゃんとアケボノの大きさをすでに追い越して今では完全にボスになりました(^^;

ま、スズメダイのような凶暴さがないので安心です^^



他にはアケボノ、2匹のクマノミ、独眼竜のカエルウオ、タテガミギンポも元気です。

ただ、なんで我が家ではクマノミの成長が遅いのかが不思議なのと、
結構悪さをするタテガミギンポをどうするか考え中です・・・




と・・・

最近ブログ更新中に頻繁にフリーズしてイライラしてます(>_<)
HDDかメモリを増設しないといけないんでしょうか・・・
うちはノートなんですが、パソコン音痴なのでクルクルパー状態ですorz



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
12« 2010/01 »02

南紀台風被害救済支援

Reef Ring

プロフィール

わもん

Author:わもん
大阪府在住
いい歳になってから嫁さんと共にヤドカリや地味な魚から綺麗な魚までを採集し、飼育することに魅了されました。
採集は07年7月から、ブログは08年7月からですが、どちらもまだ初心者レベルです(^^;

コレクション

コレクション

ヤドカリ検定


ヤド検1級2007/10/28合格

ヤドカリスト2種2008/7/25合格

ヤドカリスト1種2010/7/16合格

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

お役立ちサイト

1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -
マリンアクアリウムの基本からヤドカリ検定や超ヤドカリ図鑑、疑問質問で御馴染のBBSちゃんぷるなど、海に関する情報満載のエイジさん運営のサイト


磯遊びという趣味の楽しさから、自家採集を楽しむにあたっての磯やネット上での注意事項などを分かりやすく説明してくれているsyunさん運営のサイト

図鑑

超ヤドカリ図鑑 by 1.023world

お気に入りショップ

FC2カウンター

現在の来客者数「おおきに~」

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

潮汐表

和歌山県-串本
提供:釣り情報フィッシングラボ

タンクメイト

90水槽 魚類
・チョウチョウウオ 2009/7/23
・サザナミヤッコ 2009/8/13
・ホンソメワケベラ(譲受) 2009/8/15
・アケボノチョウ(譲受) 2009/9/22
・ツノダシ 2010/9/19
・ヒレナガハギ 2010/10/5
・ホシハゼ 2011/7/16
・カエルウオ 2012/9/16

90水槽 ヤドカリ
・Diogenes klaasi 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/12
・ツマキヨコバサミ 2010/9/20
・サンゴヨコバサミ×2 2010/9/20
・イモガイヨコバサミ 2010/10/24
・イソヨコバサミ 2010/11/7
・タテジマヨコバサミ 2010/11/7
・サンゴヨコバサミ 2010/11/21
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/7/16
・ベニワモンヤドカリ 2012/7/21
・ベニワモンヤドカリ 2012/9/15
・セグロサンゴヤドカリ 2012/9/15

90水槽 その他
・マガキガイ 2012/7/22
・ハナビラダカラ 2012/7/22
・ホシキヌタ 2012/7/22

40水槽 魚類
・サツキハゼ×3 2011/9/11
・クロユリハゼ×8(譲受) 2012/9/16
・ヨウジウオの一種 2012/9/16

40水槽 ヤドカリ
・Diogenes pallescens 2011/7/16
・グアムサンゴヤドカリ×3 2011/8/19
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/9/10
・マダラヨコバサミ 2011/9/23
・グアムサンゴヤドカリ×2 2011/10/10
・ケアシホンヤドカリ 2012/4/8
・ケブカヒメヨコバサミ 2012/4/8
・Boninpagurus sp. 2012/4/8
・ウスイロサンゴヤドカリ×3 2012/7/21
・クリイロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・ツマジロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・クロシマホンヤドカリ 2012/7/21
・アオヒゲヒラホンヤドカリ 2012/7/21
・Diogenes pallescens 2012/7/21
・ツマキヨコバサミ×8 2012/9/16
・イモガイヨコバサミ 2012/9/16

40水槽 その他
・キイロダカラ 2010/10/24
・マガキガイ 2011/9/23
・ニセクロナマコ 2011/9/24

にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村

検索フォーム

PROJECT

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。