スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

宮崎プチ採集 

全然本格的な採集はできませんでしたが、せっかく宮崎まで行ったので少しだけ海の生き物たちと遊んできました



まず、21日の海水浴へ行った日、

外洋は荒れてたのでチビ達と遊びつつ、海水浴場内で生き物を探しました。



水に入ってすぐくらいに動く貝殻発見。




IMGP1414.jpg

オイランヤドカリ。

基本砂浜なのでツノヤドカリ系がいないかなぁと探すけど、全部オイラン・・・


でも見付けたオイランの全てが赤班タイプ。

南紀ではほとんど黒班タイプだったのに、
これってやっぱり地域の違いなんでしょうかねぇ・・・



そして向かいの島付近で見つけたのは、



IMGP1410.jpg

ケブカヒメヨコバサミ。

どういうことなんやろ・・・



今までケブカヒメは和歌山でも北部と中部では見つけたけど、
南紀では全然見たことなかったのに何故宮崎で(?_?)


しかもゴツくてイカつい個体が多い。


そして次は微妙に変に感じたヤドカリ(写りが悪くてすいません)



IMGP1418.jpg

なんとなく第一触覚と眼柄が青く見える。

ブチヒメヨコバサミかなぁと思いつつ、廻りの状況を考えたら
たぶんケブカヒメでしょう(^^;



さらに疑問に感じたヤドカリ(これも写りが悪い(^^;)



IMGP1417.jpg


これがものすごく多くて、初めて見るヤドカリで今度こそツノ系かと思ったけど、
ず~~~っとじっくり観察していたら、どうやらオイランの幼稚体のようです



で、結局この日は特別な生き物は発見できませんでした・・・orz



んで、翌日は本格的な採集をするために目星を付けていた場所があったのに、
朝から土砂降りだったため断念・・・



そして大阪へ帰る予定の23日、

前記事で書いた通り、昼から宿のご主人に教えていただいた磯へ行ってみました。


正直・・・ 磯採集にはあまり向かない断崖系の荒い磯・・・



でも、せっかく晴れてるし大潮やし、干潮まであと1時間やし~

1時間だけっちゅうことでドボン



しかし思った以上に海は荒れ模様なので、
嫁はなんとか探れそうなタイドプールを見つけて観察。


僕の方は、ドバーン!と迫る波にビビりながらなんとか入水。



IMGP1518.jpgIMGP1520.jpg

やっぱりまだ濁りがありましたが、初めて見かけるサンゴ?が多かった。


3mほどの底の方でゴミのようなのがフラフラしていて、
なんとなく違和感を感じて潜って観察してみると、それはブチススキベラ!


1度息継ぎし、網を構えて潜って追いかけるも、
潮の速さに負けて体が維持できずにあえなく撃沈(T_T)


その後何度も潜っては底の石をめくってみたりして頑張ってみるものの、
新しい生き物には出会えず・・・


そして嫁と合流する直前に捕獲したのが!!!



IMGP1521.jpg


なはは・・・ 密漁で捕まりたくないので即放流。
でも結構大きいサザエでしょ?^^



タイドプールを観察してた嫁の方は、



IMGP1528.jpg

2cm弱のクマノミをゲットしてた(゜o゜)



IMGP1522.jpg


ここに居たのを採ったらしいけど、しかし大きいサンゴイソギンやなぁ(・_・;)



それとロウソクギンポのつもりで採った ↓



IMGP1530.jpg



家に居るクマノミとペアにしてあげたいっちゅうことでこの2匹を連れて帰ることに(汗)

もうこの時点で2時間近く遊んでいたので急いで帰り仕度。



すると、高い場所にある普通なら見向きもしないようなタイドプールに、
ヒラっと隠れた魚を発見!



あれは絶対チョウや!



うまい具合に薄くて大きな移動できない岩の下に隠れてやがる!



なめんな~~! と追い出しに掛かるとバッチリ網に飛び込んだ!





IMGP1533.jpg
(セダカスズメ?)


なんやねん! あんたに用はないっちゅうねん(>_<)


しかしやはりチョウは他の魚より手強いですね(汗)




その後ねばって捕獲したのが ↓




IMGP1532.jpg


ナミチョウとフウライです^^(約2cm)


どちらも去年に採取したことのある普通種ですが、やっぱり可愛いし、
今年初のチョウだったので嬉しいです


で、去年の失敗もすっかり忘れて2匹のチョウも連れて帰ることに(汗)


しかし・・・ 荒い海で頑張った無駄な時間は何やったんや・・・

もう、タイドプール専門にしたほうがええか(-。-)y-゜゜゜




この後、家までの輸送時の水替え用の海水をタンクに汲んだりして、
予定より大幅に時間が狂ってしまっためにフェリーに乗り遅れたのでした(汗)




結局、フェリーで帰るより早く帰宅することができましたが、
魚を車に積んでから帰宅するまでが16時間・・・


3~4時間ごとに替水したのとエアのおかげで、
なんとかみんな無事に我が家へ到着しました(^^;



で、無事到着できたのはいいけど、次に心配なのは・・・
4日半留守にした我が家の水槽・・・


まず、こないだから心配してた水漏れはないか?

万が一水漏れした場合のために水槽の下と周りに座布団や毛布を敷き詰める。
これで大丈夫かどうかは全然自信無し(汗)



次に去年起こしてしまった悲劇、水温の異常上昇はなかったか?

一応水温対策として、家を出た12時間後(朝7時ぐらい)に部屋のクーラーがONするようにセット(エコ運転設定)し、小型扇風機という名の自称冷却ファンが気温が上がるであろう午前11時ころから夜の8時くらいまで回るようにタイマーをセット。

これは何度かシュミレーションしておいたのでたぶん大丈夫。と思う・・・



あとは蒸発での塩分濃度の上昇と、ポンプの空回り対策のために
真水を2.5Lほど補充して出発した。




そして肝試しするかのように恐る恐る部屋に入る・・・




うん!水漏れは大丈夫!


水位の低下もほぼ想像通り!



あれ?




クーラー動いてない!!!




水温は?!







31度・・・



微妙・・・(;一_一)




慌てて生存者の確認!



びっくりするほど全員無事でした(^^;



その後温度合わせと水合わせで水槽に投入したのが帰宅してから2時間後。

磯から車に積んで合計18時間後でした。



IMGP1548.jpg


チョウの餌付けのために去年使ってた産卵BOXを出そうかと思ったんですが、狭くて可哀想なので水合わせ中に急遽隔離部屋を作りました。



IMGP1547.jpg


チョウの2匹はしばらくこちらで過ごしてもらいますが、
先住のクマノミに追い回されたチビクマノミも急遽こちらに避難(>_<)


チョウが餌付いてくれるか心配ですが、
クマノミ同士も仲良くしてくれるのかがめっちゃ心配・・・



それと、嫁がクマノミをゲットした場所から1匹だけヤドカリも連れてきました。



IMGP1552.jpg

ホンドオニヤドカリ(初)
今年初の新ヤドカリで合計24種の発見!


水槽でのオニヤドカリの生態も知りたかったので観察のために連れて帰りました。

去年南紀で捕獲したオキナワオニヤドカリと、
今回のホンドオニは本当に見分けが難しいです。


自信はあんまりないけど・・・ たぶんホンドで間違いないでしょう・・・


おそらく・・・ ちゅうことにしてください(汗)



それと・・・

ロウソクギンポだと思って連れて帰ったギンポが・・・

水槽に投入して観察してみたら、
一昨年に和歌山北部で採取したことのあるタテガミギンポでした・・・orz



今回拉致してきたメンバーは簡単に放流しに行けないので大失敗です・・・




あ、クーラーが動いてなかった理由ですが、
出発した夜に地元で大雨ともの凄い雷があったらしく、
ほんの一瞬停電状態になったそうです。

まさかその日のうちにそんなことがあるとは・・・
まだ扇風機が動いてくれたのと、悪天候が続いてたことで、
去年の35℃を超えるような異常な水温上昇がなかったようです。


でも、偶然の「不幸中の幸い」だったということなので、
長い間家を空けるのは本当に怖いなと思いました・・・



大した成果もないのにまたまた長くなってしまいましたm(__)m


今度こそチョウ達を長生きさせることができるだろうか(汗)





にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

スポンサーサイト

激走!2100キロ! 4 

さらにさらに翌日(23日)、大阪へ帰らないといけない日・・・


IMGP1508.jpg


気持ちいい晴れた朝でした。


前の晩、女将さんに

「朝は寒いくらいなので、窓は閉めた方がいいよ」


と言われたけど、少しだけ網戸にして寝たら案の定寒さで5時半ごろに目覚める(汗)



7時くらいから宿の周囲を散歩。


IMGP1511.jpg

昨夜に星を眺めた展望台。


前日はこちらで「日食観察会」のようなものを開催したそうで、
山の中やのになんと40人以上集まったそうです(゜o゜)


その観察会のためにご主人が仕入れた物が ↓


IMGP1546.jpg


その時の人が置いて行ったというか、余った?のを記念に頂きました^^


でも・・・

次の日食までちゃんと保管できてるかどうか・・・(^^;



そして8時半ごろに食事小屋のテラスで朝食。


IMGP1512.jpg


昨夜に腹がパンパンになるほど飲んで食べたのに、
なんで宿の朝食って美味しく食べれるんでしょうね(^^;


寝る前に「朝ご飯いらんかも」とほざいていたのにご飯をおかわりしてしまいました


さらにまた食後のデザート。



IMGP1515.jpg


「日向夏が好き」と言ったことで、またもや一つもぎ取ってきてくれました


ああ・・・ 何回食べても美味い・・・


それと、昨夜も食べたスイカですが、
不思議なことに白い部分まで甘いんですよ!
こういうところが「農家民宿」の良さでしょうね^^



最高に満足できた1泊でした。

しかもこれで大人1泊6,825円、こども5,250円!
人それぞれ価値観は違うでしょうが、自分はめちゃめちゃ安い!と思いました。


それもそのはず、

お客の意見や要望を全部受け入れてしまうため、料理の品数を増やすばかりで、
性格上品数を減らすことができなくなり今日に至ってるそうです(^^;
(客側としては嬉しいことこの上ない)


しかも、テレビに出演する前からいつも予約はいっぱいだったらしいから、
出演以降、問い合わせが殺到して断わることばかりになって申し訳ないらしいです・・・


いや・・・ それよりも・・・ 採算取れてるのか心配・・・(・_・;)



IMGP1510.jpg



絶対また来る!

二人じゃ勿体ないから今度は大勢で来る!



と勝手に心に誓い、ご主人、女将さん、宿とお別れしました(ToT)/~~~




その後、日南市で少し用事があったのを済ませて終わったのがちょうどお昼。


空は晴天で今日の干潮は1時過ぎ・・・ しかも大潮・・・



本来の予定はこの後に宮崎市内で買い物を済ませてフェリーで帰る。


いや、フェリーで帰るか高速で帰るかは正直未定・・・




晴天・・・



1時間ぐらいやったらええか!

ちゅうことでこの日の予定には無かった磯へ行ってしまいました(汗)



行った場所は前日に偵察した場所ではなく別の磯。

昨夜のおかず?おつまみ?の中に、地元では「クロニナ」と呼ばれる貝がありました。
(おそらく関西で言うシッタカかガンガラ)

「そのクロニナを採った磯の水溜まり(潮溜まり)には魚とかいっぱい居たよ」


という宿のご主人の言葉に釣られて教えてもらった磯へ行ったのでした(汗)




結局1時間だけというつもりが3時間ほど磯で遊んでしまい大幅に予定が・・・



IMGP1540.jpg


またじっくり遊びに来るぞ~~(ToT)/~~~



その後、急いで片付けを済ませ、買物をする予定の宮崎市内へ車を走らせる!



IMGP1541.jpg


急いでいるのでモアイ像のある「サンメッセ日南」は入口だけ。




IMGP1542.jpg


こんな「鬼の洗濯岩」の磯が宮崎は大変多い。




なんだかんだとやっと宮崎市内の県庁向いの「みやざき物産館」へ到着。


その「みやざき物産館」の前には去年に引き続いて!



IMGP1543.jpg


大好物の 肉巻き の移動販売!!!


昼飯を食ってなかったので今回は二人で3個づつ頂きました~^^



そして物産館でその他の買い物を済ませ、今度は宮崎駅の方へ。


目的は駅構内にある「日高のなんじゃこら大福」



嫁の大好物・・・

帰省時には絶対買わんとあかんらしい・・・


そんなんやからケツが大福みたいにな・・



ぐえっ!




あべしっ!



ちゅうことで買い物で時間がかかってしまったためにフェリーは完全に乗り遅れ・・・

※磯で遊ばなければ余裕で間に合った(汗)



で、大阪へ向けて高速に乗ったのは午後7時過ぎ。



予定外に朝早く目覚めてしまった上に、磯でさらに無駄に体力を遣ってしまったため、
この時点ですでにしんどい・・・



マジで高速で大阪まで帰るんか?


と、現実逃避してみても、とっくにフェリーは出てしまってるために高速で帰るしかない・・・




いやしかし・・・ ホンマに帰りは辛かったです・・・(>_<)


昼過ぎに大阪に向かってれば問題なかったのに、
余計な事をしたために夜間走るハメになったので余計に疲れる・・・



そして何回も限界で昇天しそうになりながらも要所々々で運転を交代しながら、
大阪圏の渋滞に巻き込まれない時間帯のうちになんとか帰って来れたのでした(>_<)



結局行きの15時間に対して、帰りはちょうど12時間の走行時間で到着が朝7時過ぎ・・・



結局、この旅の全走行距離は ↓



IMGP1545.jpg


2117km。 トリップメーターが2周を越えてしまいました(汗)



ただ今回の旅は、もし半日・1日の時間のズレがあったら、
土砂崩れなどの被害に会ってた可能性が大の旅でした!


無事に帰れたのが奇跡だと本当に思いました・・・



被害に遭われた方や遺族の方、心よりお悔やみ申し上げます・・・





車での宮崎までの旅行って想像以上に疲れた・・・

ま、今回は天候に振り回されたこともあるけど・・・



また車で行けるかと言われたら自信は無い・・・(汗)





あ、


この旅の最大のお土産は



IMGP1544.jpg


車のボディに付いた虫の死骸?


夜に山の中の高速を走ると必ずこうなります(>_<)




え~~~


今回の自己満足の旅の日記はこれでやっと終わりです。
長々と本当にすいませんでしたm(__)m


つくづくブログタイトルを変更したほうがいいかなと思いました(汗)



しかし、




次回は懲りずに採集編へと続きます(汗)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

激走!2100キロ! 3 

さらに翌日(22日)、土砂降りの雨の音で明け方に目覚める。


この日は日南海岸で採集して、予約した民宿に泊まる予定やったけど、
7時を過ぎて雨は弱くなったものの、止む気配がないので採集は断念・・・


せっかく実家へ来たのに、遊ぶことばかりを計画した罰かな・・・


実家では雨の影響でお父さんが急遽仕事が取りやめになって帰ってきたそうなので、
民宿へ向かうまでの間、嫁や甥っ子達と実家で過ごすことにしました。



そしてこの22日はトカラ列島や奄美地方では皆既日食が見られる日。

実家の辺りでは約96%が欠けるそうで、当然大阪に比べて欠ける割合が大きいし、
なんと沖縄の那覇よりも欠けて見えるらしい!

日食のことは宮崎を予定してから知ったことやけど、
こんなチャンスは滅多にない!


日食のピークは午前10時58分。

雨も図ったかのように10時ごろに止んでくれたけど、太陽が顔を出すほどの空でもないのでみんなでスイカでも食べながら日食中継を見る。


そして何度も空の確認をするけど・・・



IMGP1482.jpg
(15分前)


流れてくる雲の先に晴れ間が!


でもそうはうまくいかず・・・



IMGP1484.jpg
(5分前)


またまた分厚い雲が・・・

暗いのは日食のせいか雲のせいかわからん・・・orz



みんなが諦めて中継を見てる中、未練たらしくチビ達を従えて空を見てると、
部屋のテレビから「58分、現在は宮崎県がピーク」という声が聞こえた瞬間!!



突然明るい光が!!!




「あ゛っ! 出たっっ!! 三日月や!!!」


思わず叫んでしまいました(汗)

※三日月とちゃうっちゅうねん


みんな部屋から飛び出してくる。

「おお~~っ すごいな~~」

「ホンマに三日月みたいやな~」

「はよ! カメラ!!」

「待って! あっ! 電池がっ!!」




IMGP1487.jpg


結局カメラは間に合わずでうまく撮れず・・・(汗)


でもホンマに感動的でした。

雲のおかげで直視してちょうどいい絶妙な具合!


写真に収められなかったのが非常に残念でしたが・・・orz



その後、部屋に戻って中継を見てると、不思議なことに各地でちょうどピーク時だけ太陽が見れた所が多かったようで、なんかすごい神がかり的なものを感じました・・・


数日前から日食グラスを探し廻ったのが全然手に入らなかったのに、
うまい具合に曇ってくれるってホンマ怖いくらいです(汗)



その後、昼食が終わって実家のみなさんと本格的にお別れ(ToT)/~~~




だんだんと晴れ間も出てくるようになったので、これまた未練がましく民宿に向かう前に次回の帰省時のために軽~く磯を偵察してみました。



IMGP1488.jpgIMGP1489.jpg


もしかして泳げんこともなかったかな?

などと思いましたが、やはり雨の影響で濁りも強く、波も少々高いようでした。


宮崎の磯って南紀とはまた違った感じで、うまくポイントを見付けられるのだろうか・・・




そして、海辺から20分ほど山の方へ走って民宿へ。



途中


IMGP1492.jpg


早っ! もうお米が実ってる!
しかもすでに稲刈りが終わってる所もありました(゜o゜)



そして午後5時ごろ民宿に到着。


今回お世話になったのは、

「農家民宿 上の丘」 さんです。


この民宿に泊まることを決めたのはテレビ朝日の人生の楽園 を見たからです。


今度帰省する時には絶対行こうと決めて予約を取りました。

そしてまるで歓迎してくれるかのように到着するころから晴天♪



IMGP1495.jpg
(お食事小屋)


IMGP1494.jpg
(宿泊小屋)


「丘の上」ではなく「上の丘」が相応しい山の中にありました(行ってみると納得)


軽く挨拶を済ませ、アイスコーヒーを出して頂いたので少しお話を。

その時に「日向夏(宮崎特産の柑橘)が好き」という話をすると、
いきなりすぐ横にある木から日向夏を採って振舞ってくれました。


その日向夏が今まで食べたのと比べ物にならないくらい激うま!

香りも甘味も全然違う!

ご主人から市場の旬と本当の旬の違いを教えていただきました。





IMGP1493.jpg
(宿泊小屋の1階の部屋)



IMGP1496.jpgIMGP1497.jpg
(2階の部屋)                    (2階からの景色)



そしてお風呂が



IMGP1498.jpg

なんと五右衛門風呂です。
自分は初めてで、嫁さんは小学校以来。

実はこの五右衛門風呂も予約する決め手になりました^^



IMGP1499.jpg
(五右衛門風呂からの景色)



そしてお風呂から上がり、最も期待の食事の時間~♪



IMGP1500.jpg


お食事小屋の2階は居酒屋風。


こちらでは食事だけの予約も承ってるそうですが、宿泊は1日1組限定なので、
この日は自分達二人だけの貸切状態でした~



そして!最初に運ばれてきたのが



IMGP1503.jpg


東国原知事が宣伝して有名になった宮崎地鶏の「地頭鶏(じどっこ)」のたたきと刺身、
と捕れたてのイカとタコのお造り♪


念願の地頭鶏(じどっこ)!!!


こんなに美味いんか!?

っていうくらい感動

イカとタコもめちゃ美味かったです~!



そして感動もそこそこに次から次へと



IMGP1507.jpg


地元野菜の煮物やあゆの塩焼き、トビウオの身で作ったそばや、
1日16丁しか作らない豆腐屋さんの冷奴などなど。

※メニューの名前を聞いたのにほとんど忘れてしまいました(汗)



どれを食べたらいいやら迷いつつ、ビールを飲みながらあれこれ頂いていると、
ご主人がお酒を持参しながら宴会に参加(好例の行事だそうです^^)

本当に明るくて気さくなご主人で、楽しい宴会に♪


この後、飲んで食べてしゃべって撮るのを完全に忘れてしまいましたが、さらに宮崎名物の地頭鶏(じどっこ)の炭火焼や唐芋(さつまいも)のフライやその他もろもろと、特別にあのチャンピオン牛にもなった宮崎牛のステーキまで!!!

全部嘘みたいに美味すぎ!


しかもお腹いっぱいやのに「ご飯とそばはいつ出しましょう?」って・・・



せっかくやけどご飯は遠慮してそばだけを頂くことに。

なんとそばはご主人の手打ちそば!



せっかくたくさん出していただいたのに食べきれずに残してしまったところに、
さらにトドメのデザート!!!


そのデザートが地元のスイカに加えて、
あの宮崎マンゴー!!!



腹いっぱいやのにマジで美味かった~~

※宮崎牛やマンゴーは、安く提供できるのには地元ならではのからくりがあるそうです。



いや~~

この後、女将さんも加わり11時過ぎまでわいわい飲みましたが、
こんなに満足した食事は記憶にないです・・・


どういう風に表現したらいいかわからんくらい・・・




そして、食事が終わった後はご主人自作の展望台へ昇り、満天の星空を満喫。


何十年ぶりの天の川を楽しんでから床に着きました~♪



さらにつづく(汗)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

激走!2100キロ! 2 

翌日(21日)、朝7時ぐらいに起床して空を確認したらどんより・・・


いくつかの天気予報を確認してみたら、どれも

嫁と妹は諦めの見解・・・


でも、たった一つだけ昼からという予報があったので、
テンション低めながら取りあえず海水浴場に向かってみる。



実家や妹ん家からは日南海岸も鹿児島の志布志湾も約1時間の道のり。

今回は嫁たちが子供のころによく行っていたという志布志湾のほうへ。




IMGP1393.jpg

鹿児島県のとある磯へ到着(車窓から)

ここからさらにもう一度宮崎側へ戻った所の海水浴場へ。




IMGP1395.jpg


着いた途端に晴れたし、誰もいないプライベートビーチ状態~^^

頑張れば右に見えてる島まで泳いで渡れます。


少し風が強くて波も荒れ気味やけど、諦めずに来て大正解!!

島の裏側を密かに狙う野望も隠しながら^^


IMGP1397.jpg

大人が準備してる間にチビ達はとっくに海で遊んでる(汗)

さすがこういう時の子供の行動力は早いですね!



んで、久しぶりの宮崎の海へドボン!


しかし水中を確認すると


IMGP1399.jpg


濁って視界が悪過ぎる

しかも特に南方系の生き物も発見できず・・・


仕方ないので磯伝いに外洋のほうへ出ようとすると、


「左側の赤いブイの付近にいる方!本日は大変荒れております!」
「ブイの外へは絶対に出ないでください!」



ひょえ~~っ 放送で怒られてしまった(汗)


ま、チビ達が真似して事故が起きたら大変なんで諦めました・・・orz



で、みんなで頑張って泳いで向かいの島へ。

島の付近の水中には、


IMGP1402.jpg


見えにくいですが、なんか水草がたくさん生い茂っていました。




IMGP1407.jpg
(島から見た海水浴場)



そして昼になったので対岸へ戻り、櫓の上で昼食。

その櫓からパノラマで撮影。



IMGP1408.jpg


こじんまりしてるけど磯があり、島があり、小さな漁港あり。
波が穏やかやったらよかったんですけどね~(^^;



昼食後は自分のやりたいことをすっぱり諦めて、
チビ達と目いっぱい遊ぶことに。


IMGP1438.jpg

ラッシュガードを着てるのは日焼けやシミ対策のためです。
決してスミが入ってるのではありませんので(汗)

それと、気にしてるのであまり腹の辺りは注目しないように!



IMGP1421.jpg


↑ 嫁がフィン(足ひれ)の初練習中。

最後までマスターできず



それとだんだん水の透明度は良くなり、テッポウエビと共生するハゼを発見!



IMGP1423.jpg

撮ってみたけど自分でもどこに写ってるかわかりまへん(汗)




そして海水浴が終わり、戻ってからはもう一人の妹とご両親も揃って実家でバーベキュー♪




IMGP1475.jpg

海水浴で体力を使ったので肉がうまかった~~^^



無題
(左から妹下、甥兄、妹上、父上、甥弟、わもん)

実家の方は1日ずっとどんよりしてたそうで、雨でバーベキューができるかどうか心配してたらしいのですが、海水浴もバーベキューも無事出来てホンマ楽しい1日でした~



そしてバーベキューも終わり、花火を楽しんでお開きになった途端に雨が!


この旅は天気にとことん意地悪された気がしたけど、
この日だけはみんなのために最後まで雨も我慢してくれたのかな・・・?


翌日は日南海岸で採集の予定やったけど予報は
でも、民宿を予約しているのでみんなとは翌朝でお別れ・・・




IMGP1479.jpg



IMGP1480.jpg



IMGP1481.jpg



子供のころにタイムスリップしたような気分。


線香花火が切なく感じた夜でした・・・



つづく




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

激走!2100キロ! 

19日(日曜日)の夜から嫁さんの実家がある宮崎へ帰っていました。


特別な出来事があったわけでもないけど、個人的に一つの旅として書き残しておきたいことがたくさんあるので、何話かにかけてアップしておこうと思います。


元々はフェリーで行く予定でした。

普通に予約するより、プランで予約すると往復とホテル1泊込みでかなり安くなるので、
19日は嫁が仕事で、終わり次第急げばフェリーに間に合うと思ってたのに、
何故か日曜日はいつもより1時間早い出港なので間に合わない・・・


そこで、土日祝は高速代が安いということで車で行ってみることにしました。


飛行機なら1時間ほどの飛行時間であっちゅう間に着くんですが、
荷物がアホほど多いのでどうしても車が必要なんです(汗)



夕食を済ませて夜7時過ぎに出発。

週間天気予報が日替わりでコロコロ変わっていたので心配していたら、
自宅を出発して5分ぐらいからポツポツと雨が・・・


中国道に入り、山陽道へ乗り換えるころには土砂降り!
しかも雷が鳴りっぱなしで強風も吹いてきて完全に嵐の状態(>_<)



IMGP1337.jpg
(空が明るいのは雷のせいです)


宮崎が「来るな!」と言ってるのか・・・


こんなことを言うのもなんですが、普段は滅多に他の車に追い抜かれることがないのに、
夜の嵐では大幅にペースダウン・・・

若かりし頃、雨の日に単独で全損事故を起こしてから雨の運転が怖いのです(汗)



で、宮崎までまだまだ長いのに、こんなところで神経をすり減らして疲れたら最後まで持たないということで、出発してまだ1時間余りやけどとりあえずPAへ避難。


IMGP1354.jpg

ホンマ全然前が見えまへん(>_<)
視力がホンマに落ちたなぁ・・・

それで道路は混んでないのに、PAやSAは大混雑。
みなさん同じ考えなのでしょうかねぇ・・・



でも、あまりPAでゆっくりしてたらいつ到着できるかわからんし、
ぼちぼちゆっくり走ることに。


すると岡山県に入った途端に嘘のように雨が止んでる。
道も濡れてないし、星まで見えてる。

ここぞとばかりにペースアップ。
雨の中に抜いて行った車をどんどん抜き返してペースを挽回!


しかし広島県に入るとまたもや嵐・・・

さっき抜いた車に抜き返され・・・



山口県に入った辺りで一回目の給油がてら、小腹が空いたので



IMGP1356.jpg


もみじ饅頭をパクリ^^
(もみじ饅頭は広島県の名産)



その後また雨は上がり


IMGP1358.jpg
(壇ノ浦P・Aにて)


初めて車で関門海峡を渡りました~(午前3時過ぎ)



次第に夜が明けていき、ペースを挽回しようとするものの、
福岡県の後半辺りからまたもや土砂降り。


IMGP1372.jpg


ええ加減にしてくれ・・・ ホンマしんどい・・・orz



途中、頼まれていた明太子を探すために2ヶ所のSAへ立ち寄ったりしたため、
少し余分に時間をかけてしまったけどなんとか朝7時過ぎぐらいに熊本県へ突入。


腹が減ったので北熊本SAで「熊本ラーメン」をしばきました。

こういうところが車の旅の良さでしょうね^^



そして少し二人とも仮眠。



しかし・・・
自分で本当に腹が立つことがあります・・・

なぜか車で寝れないんです(>_<)

採集で前夜から南紀へ出かける時もそうですが、
どんなに疲れてても止まった車の中では眠れない・・・



今回はできるだけ自分が運転している間に嫁さんに寝てもらい、
自分が限界になった時に運転を代わってもらってその時に寝る。

というパターンですが、土砂降りになると心配で目覚めてしまいます(汗)


なので代わってもらってる時に数分ぐらい眠ってる感じで、
車での長旅ではほとんど睡眠無しなんですよねぇ・・・




IMGP1375.jpg


やっと宮崎が近づいてきた~~!



IMGP1380.jpg
(霧島SAにて)


霧?雲?で全貌が全然見えません・・・

「霧島」の名の由来はこれか?(汗)




んでんで、まずはおばあちゃん家に到着。

時間は10時、自宅から約15時間かかりました(@_@;)



しばし再会を喜んだ後、おじいちゃんが入院している病院でお母さんと待ち合わせやけどそれまで時間があったので、名所の一つの「関之尾の滝」へ向いました。


宮崎県へ入ってからは全然雨が降ってなかったのに、
滝へ向かう途中からまたもや雨・・・


「つくづく嫌われてる?」と引き返そうかと思ったけど、
せっかくなので現地まで行ってみるとなんとか天気が回復。



IMGP1385.jpg


こちらではほどんど雨は降らなかったらしく、水量は少ないほうのようですが、
「日本の滝100選」に選ばれた滝らしく綺麗でした~


滝壺にはウグイやカマツカやドジョウらしい姿が見え、
思わず潜りたい病が出てきましたが観光客が多いので断念(汗)



IMGP1386.jpg
(滝の上側を見たところ)


IMGP1388.jpg
(さらに上流部)


この奇妙な石の集まりは「甌穴(おうけつ)」というらしく、
世界一の規模だそうです。



IMGP1389.jpg

上の写真は良いタイドプールに見えてしまう(^^;



本流の横の水路では


IMGP1391.jpg


ハグロトンボとシオカラトンボでしょうか。

大阪では見られない自然にホッと癒されます^^




滝を後にし、おじいちゃんのお見舞いに行った後に墓参りに行き、
その後は甥っ子達が待つ嫁さんの妹宅へお世話になりました。


翌日はみんなで海水浴の予定やけど、天気予報は非常に悪い・・・
残念やけど中止かなぁ・・・(T_T)



そして自宅を出発してからちょうど24時間後 ↓


IMGP1392.jpg


走行距離 931km 


甥っ子達と遊んだ後くたくたになり、
泥のように眠りにつきました。


ホンマ疲れたぁ・・・



つづく




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
06« 2009/07 »08

南紀台風被害救済支援

Reef Ring

プロフィール

わもん

Author:わもん
大阪府在住
いい歳になってから嫁さんと共にヤドカリや地味な魚から綺麗な魚までを採集し、飼育することに魅了されました。
採集は07年7月から、ブログは08年7月からですが、どちらもまだ初心者レベルです(^^;

コレクション

コレクション

ヤドカリ検定


ヤド検1級2007/10/28合格

ヤドカリスト2種2008/7/25合格

ヤドカリスト1種2010/7/16合格

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

お役立ちサイト

1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -
マリンアクアリウムの基本からヤドカリ検定や超ヤドカリ図鑑、疑問質問で御馴染のBBSちゃんぷるなど、海に関する情報満載のエイジさん運営のサイト


磯遊びという趣味の楽しさから、自家採集を楽しむにあたっての磯やネット上での注意事項などを分かりやすく説明してくれているsyunさん運営のサイト

図鑑

超ヤドカリ図鑑 by 1.023world

お気に入りショップ

FC2カウンター

現在の来客者数「おおきに~」

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

潮汐表

和歌山県-串本
提供:釣り情報フィッシングラボ

タンクメイト

90水槽 魚類
・チョウチョウウオ 2009/7/23
・サザナミヤッコ 2009/8/13
・ホンソメワケベラ(譲受) 2009/8/15
・アケボノチョウ(譲受) 2009/9/22
・ツノダシ 2010/9/19
・ヒレナガハギ 2010/10/5
・ホシハゼ 2011/7/16
・カエルウオ 2012/9/16

90水槽 ヤドカリ
・Diogenes klaasi 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/12
・ツマキヨコバサミ 2010/9/20
・サンゴヨコバサミ×2 2010/9/20
・イモガイヨコバサミ 2010/10/24
・イソヨコバサミ 2010/11/7
・タテジマヨコバサミ 2010/11/7
・サンゴヨコバサミ 2010/11/21
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/7/16
・ベニワモンヤドカリ 2012/7/21
・ベニワモンヤドカリ 2012/9/15
・セグロサンゴヤドカリ 2012/9/15

90水槽 その他
・マガキガイ 2012/7/22
・ハナビラダカラ 2012/7/22
・ホシキヌタ 2012/7/22

40水槽 魚類
・サツキハゼ×3 2011/9/11
・クロユリハゼ×8(譲受) 2012/9/16
・ヨウジウオの一種 2012/9/16

40水槽 ヤドカリ
・Diogenes pallescens 2011/7/16
・グアムサンゴヤドカリ×3 2011/8/19
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/9/10
・マダラヨコバサミ 2011/9/23
・グアムサンゴヤドカリ×2 2011/10/10
・ケアシホンヤドカリ 2012/4/8
・ケブカヒメヨコバサミ 2012/4/8
・Boninpagurus sp. 2012/4/8
・ウスイロサンゴヤドカリ×3 2012/7/21
・クリイロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・ツマジロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・クロシマホンヤドカリ 2012/7/21
・アオヒゲヒラホンヤドカリ 2012/7/21
・Diogenes pallescens 2012/7/21
・ツマキヨコバサミ×8 2012/9/16
・イモガイヨコバサミ 2012/9/16

40水槽 その他
・キイロダカラ 2010/10/24
・マガキガイ 2011/9/23
・ニセクロナマコ 2011/9/24

にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村

検索フォーム

PROJECT

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。