スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

覇権争い 

今回は我が家の水槽のヤドカリ界の勢力争いについて話します。

できれば戦国時代風(できれば世界的な感じ)で読んでください。



まず、ヤドカリの世界(水棲)を大きく分けると、
ヤドカリ科とホンヤドカリ科に分かれます。

(ヤドカリ科が西洋人、ホンヤドカリ科を東洋人みたいに考えてください)


そして「科」の下に「属」で分類されます。

(さらにこれからは「族」を「属」と読んで理解して下さい)



ヤドカリ界の中ではヤドカリ科のヤドカリ族がほぼ例外なく巨大化するので、
水槽で飼う場合にはヤドカリ族が1匹居ると、
必然的にヤドカリ界を制することになります。


例えば先日まで居たオイランヤドカリとアオボシヤドカリが同じヤドカリ族。

強い(大きい)ほうのオイランがボス、アオボシがNo.2という図式でした。



それが先日にこのオイランとアオボシを手放したため、
ヤドカリ界の勢力図が混乱?しています。


ヤドカリ族が居なくなったヤドカリ界で、現在生息しているヤドカリは


(ヤドカリ科)
 ヒメヨコバサミ族(ケブカヒメヨコバサミ×3)

IMGP1279.jpg



ワモンヤドカリ族(ベニワモンヤドカリ)

IMGP1291.jpg


この2種は少数民族の上に比較的大人しい性格なので、
覇権争いには縁がないようなのですが、


問題は大きい2大勢力での抗争です!



一つはヤドカリ科のサンゴヤドカリ族。


まず、サンゴヤドカリ族のスベスベサンゴヤドカリ×2

IMGP1286.jpg



ウスイロサンゴヤドカリ×2

IMGP1298.jpg



クリイロサンゴヤドカリ×3

IMGP1285.jpgIMGP1282.jpg



ツマジロサンゴヤドカリ×2

IMGP1292.jpg



ユビワサンゴヤドカリ

IMGP1290.jpg



セグロサンゴヤドカリ

IMGP1284.jpg





サンゴヤドカリ族が勢力を伸ばしているかと思えば、
ホンヤドカリ科のホンヤドカリ族も負けてはいませんでした!


ホンヤドカリ×2

IMGP1294.jpg



ケアシホンヤドカリ

IMGP1287.jpg



ホシゾラホンヤドカリ

IMGP1297.jpg



ヨモギホンヤドカリ×2

IMGP1293.jpg



ヤマトホンヤドカリ

IMGP1296.jpg



クロシマホンヤドカリ

IMGP1299.jpg



アオヒゲヒラホンヤドカリ×2

IMGP1277.jpg
(この写真は珍しくうまく撮れました)



このサンゴヤドカリ族とホンヤドカリ族、

元々は特に争うことはなかったのですが、ヤドカリ族が不在の今、
どちらの一族がヤドカリ界を制するのか?!


そしてヤドカリ族が居なくなったのを察知したのどうか、
お互いのボスが脱皮して抗争体制を整えたようです。




青コ~ナ~


サンゴヤドカリ族最大最強~~


代表~



ユビワ~サンゴ~ヤドカリ~~





赤コ~ナ~


ホンヤドカリ族最大最強~~


代表~




ヤマト~ホン~ヤドカリ~~


※あくまで我が家の水槽でのボス同士です。
(ホンヤドカリ族最大はベニホンかもしれませんが、まだ未発見なので)


と、ここで両者の特徴を簡単に解説しておきます。

ユビワの特徴はというと、海で見つけた個体は小さいものばかり。
おそらくほとんど越冬できていないということかな・・・

それが水槽で飼育するとすぐに大きく成長します。
そして、大きくなるにつれてドンドン凶暴化し、
素早さはないものの抑え込んでからの力技はかなり強い。

格闘技でいうとグラウンド系、柔道や柔術、レスリングが得意という感じ。


ヤマトの特徴は、海では小さい個体を見たことがないのに、
なぜか水槽での飼育下ではあまり成長しません。

どちらかというと恥ずかしがり屋であまり目立つ行為もしなく、
凶暴な面もほとんど見ませんが、いざ餌を奪いに来た者に対しては
ヤドカリだろうが魚だろうが強烈なパンチが炸裂します。
素早さはヤドカリ界随一で、フットワークで戦うタイプ。

格闘技でいうと打撃系、ボクシングや空手、K-1選手のような感じ。


両者のボディーカラーは見てわかる通り、
ユビワが青と黒のツートンで、ヤマトが赤と白のツートン。


何から何まで対極な両者・・・



この両者が戦うとどうなるのでしょう・・・

なぜかこの両者が争ってるところを見たことがありません・・・


お互いけん制してるのかな?



IMGP1304.jpg


青コーナーと赤コーナー

一族の代表同士・・・ どちらが強いのか?



本音はケンカせんと仲良く平和に暮らしてほしいんやけどね(^^;



あ!

戦国風にしようと思ったのに最後は格闘技風になってもた




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

スポンサーサイト

新水槽設置に向けて 3 

新水槽がなかなかはかどりません。


今日はキャビネット全体をサンドペーパーで擦りました。



DVC00028.jpg


DVC00027.jpg
(裏側)


濡れ雑巾で拭くとなんとなく木目調が見えるけど、

塗料が深くまで染み込んでるのかな・・・


これ以上頑張っても綺麗な木目にはなりそうにないので、
おそらく白か黒のシンプルな色で塗りつぶしそうです(汗)



今さらですが・・・

少しくらいの傷を我慢してそのまま使ったほうがよかったかな?
などと後悔したりして(^^;


ホンマ・・・ いつ立ち上げられるんやろ・・・orz





で、

現在の水槽の生き物達はみんな元気です!


IMGP1268.jpg


左上のほうではマガキの三男坊がガラスを登ってます。
大きいマガキには見られなくて、小さいのに多い行動です。


それとニザダイ君もどんどん成長してます。
1ヶ月も経ってないのにクマノミより大きくなってます(汗)


IMGP1273.jpg


しょっちゅう寄り添ってるけど、禁断の恋とはちゃうんやろか(^^;



カゴカキ軍団も順調に成長。


IMGP1274.jpg


ヤドカリにあげた餌も奪っていきよります。

ちょっと太り過ぎなくらいで、もうちょっとしたらハコフグみたいになりそう(>_<)



IMGP1270.jpg


餌をくれると思っていつでも集まります。


このサイズのままやったらホンマ可愛いんですけどねぇ

すぐでかくなるので、寂しいけど近いうちにお別れです



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

再び串本&初水ハイ&里子 

そろそろ梅雨の時期ですね~


梅雨に入ると海に行けなくなるし、土曜には予報が晴れに変わっていたので
日曜日にはまたまた串本まで行ってしまいました(^^;


今回行ったのはどうしても欲しかった生き物がいたからです。

それは去年の5月に採取して持ち帰ったカイカムリとヨコシマエビ。


あの可愛いカムリちゃんにまた会いたいのと、
ヨコシマ君のお嫁さんを見つけてあげたかったのでした。

それと、魚はまだ本格的シーズンに入ってないのと腕がまだ無いので、
新しいヤドカリを発見したかったのです。



今回は2週間前とは少し違う場所へトライしました。
ポイントを探している最中、「今日は確実にもちのすけさんが串本まで来てるはず!」
と、もしかしたら会うかもしれないのでドキドキ?ビクビク?してましたが(汗)、
やはり一言で串本と言っても広いですからね、結局お会いすることはありませんでした。

そして、いざ磯へ着いてみると



IMGP1240.jpg


予報ではだんだん波が穏やかになるはずやったのに、
天気は良いものの海は思ったより荒れ模様・・・


取りあえずドボンして頑張ってみましたが、
潮の流れが速くて同じ場所で全然維持ができません(>_<)


さらに前回のポイントに比べてサンゴが極端に少ないし、
珍しい生き物にも全然出会えず・・・

狙いをタイドプールに変更してみても、前回と同じ生き物しか発見できず・・・


おまけに自作の採取網の枠の針金が折れて使い物にならなくなり、
トドメがヤドカリ採取用の竹製のピンセットが壊れて分解(ToT)




なんかねぇ・・・ 今までの事を考えると、
どうも串本とは相性が悪いようですわ・・・

なんか今日はおもろないなぁ・・・
と、一服しながら嫁さんと愚痴りあってると、携帯電話にメールが入っていました。


見てみると、

「今日は串本まで来てるんですか?」
ってシンパパからのメール。

なんで今日串本まで来てるのわかったんやろ!(@_@;)

元々今回の採集が終わったら突然連絡してびっくりさせるつもりやったけど、
串本まで来てるのが読まれてるとはホンマこっちがびっくりでしたわ(^^;


それで、「今日は荒れて潮が速くて全然あきまへんわ(T_T)」
と相談してみると、そのポイントは潮がぶつかりやすくていつも波が高いとのこと・・・


やっぱり場所やポイント選びの目は節穴のようです・・・orz


結局その後にシンパパからアドバイスしてもらったポイントへ移動してみたら、
波も穏やかでサンゴもいっぱいでした^^



そこでは初めて「野生のスタポ」の群生まで見れててびっくり!

でも、せっかく貴重なものを見れたのに「水中撮影用パック」をド忘れ(>_<)



今回はホンマにアホです・・・


初めからそのポイントに入ってればもう少し成果もあったかもしれないのに、
悪いポイントで粘って出遅れたせいでタイムアップ・・・


結局魚は0、目的のカイカムリ、ヨコシマエビ、新発見のヤドカリも無しでした・・・






採集はボロボロでしたが、帰り道の途中では南紀にお住まいの
シンパパ・みいまま夫妻の家へお邪魔させてもらい、


初めての水ハイ(水槽拝見)をさせてもらいました~^^


よそ様の海水水槽を拝見させてもらうのは生れて初めてでしたが、
実際に見るとホンマに感動でした!



DVC00026.jpg


90&30×3の2階建て!!


前々からブログで拝見して、どういう構造なのか不思議やったけど、

なるほど~ 面白いですね~^^


こうすれば一つのスペースで沢山の水槽を設置できるんでしょうが、
びっくりしたのがメインの水槽に結構な数の魚とソフトコーラルがいるのに、
2階建ての水槽の全てが一つのサンプ、一つのポンプで成り立ってること!

きちんと維持できていることに本当に感心しました!!!


マジで羨ましい!!! もしかしたらパクらせてもらうかもしれません(^^;



しかし・・・

水槽には憧れの魚があれもこれもと・・・
羨ましいやら悔しいやら(汗)

いつか自分で絶対捕まえたるからなーーー(+o+)



う~~ん、採集や水槽の話ってわかる人達と話するとホンマ楽しいですね~



実は最近みいままが二人目、とっとちゃんの弟か妹をご懐妊されました!

しかし、つわりが酷くて大変そうなところに主人のシンパパは毎日残業・・・
そんな中、水槽が苔だらけとのことだったので帰りに苔取り貝でも。
と、帰りに立ち寄ろうと思ってたのでした。


そしてお邪魔させてもらった上にコーヒーとクッキーシュー(やったかな?)
まで御馳走になったのに(うまかった~^^)、こちらからのお土産はマガキガイ2匹。


電話でリクエストを聞いた時に「マガキ2匹ほど」ということでしたが、

ご懐妊に 貝2 匹 って・・・(汗)



楽しい時間ってあっという間に過ぎます・・・

採集や水槽のことで話したいことはまだまだ山ほどあったけど、 
片付け、道具の洗濯、水合わせなどを考えると帰り道に5時間掛かる・・・



ということで楽しい時間の途中で泣く泣くお別れしました


シンパパ・みいまま・とっとちゃん、楽しい時間をありがとうございました!^^




で、帰ろうと思うと高速の電光板に「渋滞25キロ」!


ぎょえ~~~!!!(>_<)

今までは19キロが最高やったのに・・・ こら5時間どころやないな・・・


ということで開き直って高速の途中で一旦降りて一般道を走り、
また途中から高速に乗ることに。


するとそれが当たりやったのか、嬉しい誤算でなんと3時間で帰れました!

2週間前の時より1時間遅く高速に乗ったのに、
1時間早く帰宅できたのでした!よかった~~♪




そしてそして、

採集は散々でしたが一応持ち帰った生き物は、


IMGP1262.jpg


前回、たった3日で全滅させられたマガキを3匹(大・中・小)。


それとヤドカリが、


IMGP1252.jpgIMGP1243.jpg


ヤドカリに詳しくてヤドカリが好きな人じゃないと
このヤドカリの可愛さがわからないであろう

アオヒゲヒラホンヤドカリを2匹。


このアオヒゲ君は去年宮崎で1匹見つけただけで水槽では飼ったことがありません。
南紀では初めて見つけたので嬉しくて2匹連れて帰りました^^


それとあと1匹のヤドカリ。

このヤドカリはタガラガイの殻に入っていて、すぐに引っ込んだまま全然出てきてくれなかったのですが、直感で「新しいヤドカリかも!」連れて帰ってみたらまたもやオイランヤドカリでしたorz


去年の9月にも全く同じ失敗をしたのに・・・



でも、でもですよ!

マニアな人には解ると思うんですが、


IMGP1254.jpgIMGP1257.jpg


今まで採取したオイランとは違うんです!
ちなみに今まで採取、見かけたオイランは




IMGP0723.jpgIMGP1234_2009.jpg
(09・9・15採取)                 (約9ヶ月後)


今回採取したオイランは初めてでした。
これが別種やったら嬉しかったのに・・・(>_<)







そして翌月曜日
(今回は長くて本当にすいません(汗))



またもや「やどかり屋」さんのお世話になりました。


前記事で書いたアオボシヤドカリとオイランヤドカリのデカコンビを引き取ってもらいました。

2匹とも大食漢でどんどんでかくなり、せっかく持ち帰ったマガキを食ってしまうので・・・



餌やりの時間にはこの2匹は「くれくれポーズ」をとって大変可愛かったのですが、
うちの水槽ではもう限界なので里子に出したのです。


IMGP1259.jpg


マガキを食ってしまうだけでなく、ライブロックをよく崩してしまいます。

でも、里子に出した最大の理由は、でかい体でスタポの上に乗っかるために、
スタポがどんどん衰弱してしまい、あげくにスタポがひっくり返されてしまうことが頻繁に・・・


そういうことで無理を言って引き取ってもらったのですが勝手なもので・・・



居なくなったら居なくなったでものすごく寂しいのです・・・

ホンマ勝手ですね・・・(>_<)



さらに今回連れて帰ってしまったオイランと、
2週間前に連れて帰ったベニワモンも引き取ってもらいました。


ベニワモンは、同種同士でよく争うことが多いみたいなので、
再び「下剋上」が起こると悲しいので引き取ってもらい、
オイランはまたでかくなるのが目に見えているので引き取ってもらいました。


※今回採取したオイランですが、「赤班タイプ」というものだそうで、
 店長が「別種かも」と間違えてしまうような稀なオイランだそうです。



しかし、考えれば考えるほどヤドカリ屋さんには色々もらってる上に
厄介なヤドカリを引き取ってもらってばっかりで・・・


たまに買い物するのはサンゴ砂とか貝殻だけって・・・


俺って一体何もんだ?って思います(^^;




この2日間はいろいろあって本当に長くなってしまいました!

最後まで読んでくれた方、申し訳ないです!ホンマおおきにでした!(汗)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

新水槽設置に向けて 2 

前回の記事の後、



IMGP1230.jpg
(狭いベランダへ出したの図)



まずキャビネットの扉を外してみました。


IMGP1231.jpg


扉の裏は本体と同じなので、表側は塗装されてたようです。

この塗装はサンドペーパーで落ちるのだろうか・・・



そして本体の前面側だけ荒いサンドペーパー(60番)で磨いてみました。



IMGP1232.jpg


取りあえず1時間半ほど磨いてみたけど、
奥に見えてる板のような状態にはほど遠い・・・


これから中目、細かい仕上げ用と、段階を踏んでサンドペーパーで磨くつもりやけど、
全体を磨き終えるにはなかなか時間がかかりそうである・・・(汗)


こういう板(材質)の場合、やっぱり濃い色のニスで仕上げた方が無難かな?




ま、こんな風にキャビネットのリフォームだけで結構苦労してますが、
本来なら無かった物。


構想では去年に90か120の水槽に変更していたはずが、
水槽を大型化するほどの採集の成果がなかったことで持ち越し・・・


そうしているうちに超不景気の波に襲われ、
あげくに今年に入ってからは腰痛で仕事もままならない状態・・・orz


正直今年は新水槽を諦めてたところに思わぬ頂きもの!

サンドペーパーで磨くくらいはでもありませんわな^^


別に焦ることもないのでぼちぼちゆっくり仕上げていこうと思います。




そして5月の採集で連れて来たメンバーのその後、


IMGP1233.jpg


カゴカキ君達は元気すぎて写真が撮りづらい(汗)

翌日からパクパク餌を食ってすくすく大きくなってます。
採取時は1cmにも満たなく、体も透明部分が多く模様もはっきりしてませんでしたが、
現在では約1.5cmくらいになり模様も大分カゴカキらしくなりました^^


ニザダイ君は、


IMGP1236.jpg


こちらはカメラを嫌がってなかなか写真を撮らせてくれません(>_<)

来宅して2日ほどは隠れてばかりでしたが、今では餌爆食いです。
すでに少し大きくなって色も濃くなりニザダイらしくなってきました。


ニザダイの後ろのクマノミ・・・

カゴカキに対しては結構追いかけて蹴散らすくせに、
何故かニザダイとは気持ち悪いくらい仲良しです(^^;



そして・・・


3匹いたマガキガイはわずか3日目で全滅です・・・

最大の原因はこやつです


IMGP1238.jpg


3匹のうちの2匹はこのアオボシヤドカリが食ってしまいました・・・orz

もう1匹はユビワとスベスベ達に襲われ・・・



そろそろこのアオボシ君は手放さないとあきまへんな(汗)


でも、このアオボシ君の上にさらに親分がいます。



IMGP1234.jpg


我が家の水槽で最大のオイランヤドカリ。

今回のマガキ事件では脱皮期間で動かなかったので関わっていませんが、
クリルを2個あげてもすぐにたいらげ、他のヤドカリの餌を奪うほどの大食漢!!!


よく似たアオボシよりも脱皮のペースが早く、
来宅時にはアオボシより小さかったのが今では完全に追い抜いています。


この親分もそろそろ手放さないと・・・ です・・・



しかし

これって身勝手な飼い主に捕まった生き物にとってはホンマに迷惑な話ですね。

反省しないといけません・・・orz




さあ、
そろそろ梅雨の時期です。

この週末はキャビネット磨きに精を出すか・・・

それとも・・・


迷いますなあ(^^;



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
05« 2009/06 »07

南紀台風被害救済支援

Reef Ring

プロフィール

わもん

Author:わもん
大阪府在住
いい歳になってから嫁さんと共にヤドカリや地味な魚から綺麗な魚までを採集し、飼育することに魅了されました。
採集は07年7月から、ブログは08年7月からですが、どちらもまだ初心者レベルです(^^;

コレクション

コレクション

ヤドカリ検定


ヤド検1級2007/10/28合格

ヤドカリスト2種2008/7/25合格

ヤドカリスト1種2010/7/16合格

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

お役立ちサイト

1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -
マリンアクアリウムの基本からヤドカリ検定や超ヤドカリ図鑑、疑問質問で御馴染のBBSちゃんぷるなど、海に関する情報満載のエイジさん運営のサイト


磯遊びという趣味の楽しさから、自家採集を楽しむにあたっての磯やネット上での注意事項などを分かりやすく説明してくれているsyunさん運営のサイト

図鑑

超ヤドカリ図鑑 by 1.023world

お気に入りショップ

FC2カウンター

現在の来客者数「おおきに~」

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

潮汐表

和歌山県-串本
提供:釣り情報フィッシングラボ

タンクメイト

90水槽 魚類
・チョウチョウウオ 2009/7/23
・サザナミヤッコ 2009/8/13
・ホンソメワケベラ(譲受) 2009/8/15
・アケボノチョウ(譲受) 2009/9/22
・ツノダシ 2010/9/19
・ヒレナガハギ 2010/10/5
・ホシハゼ 2011/7/16
・カエルウオ 2012/9/16

90水槽 ヤドカリ
・Diogenes klaasi 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/12
・ツマキヨコバサミ 2010/9/20
・サンゴヨコバサミ×2 2010/9/20
・イモガイヨコバサミ 2010/10/24
・イソヨコバサミ 2010/11/7
・タテジマヨコバサミ 2010/11/7
・サンゴヨコバサミ 2010/11/21
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/7/16
・ベニワモンヤドカリ 2012/7/21
・ベニワモンヤドカリ 2012/9/15
・セグロサンゴヤドカリ 2012/9/15

90水槽 その他
・マガキガイ 2012/7/22
・ハナビラダカラ 2012/7/22
・ホシキヌタ 2012/7/22

40水槽 魚類
・サツキハゼ×3 2011/9/11
・クロユリハゼ×8(譲受) 2012/9/16
・ヨウジウオの一種 2012/9/16

40水槽 ヤドカリ
・Diogenes pallescens 2011/7/16
・グアムサンゴヤドカリ×3 2011/8/19
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/9/10
・マダラヨコバサミ 2011/9/23
・グアムサンゴヤドカリ×2 2011/10/10
・ケアシホンヤドカリ 2012/4/8
・ケブカヒメヨコバサミ 2012/4/8
・Boninpagurus sp. 2012/4/8
・ウスイロサンゴヤドカリ×3 2012/7/21
・クリイロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・ツマジロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・クロシマホンヤドカリ 2012/7/21
・アオヒゲヒラホンヤドカリ 2012/7/21
・Diogenes pallescens 2012/7/21
・ツマキヨコバサミ×8 2012/9/16
・イモガイヨコバサミ 2012/9/16

40水槽 その他
・キイロダカラ 2010/10/24
・マガキガイ 2011/9/23
・ニセクロナマコ 2011/9/24

にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村

検索フォーム

PROJECT

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。