スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

もったいないけど・・・ 

この季節からの干潮時の潮位はかなり低くなり、
しかも今は新月の大潮で最も潮が下がる状態・・・


が、せっかくの新月の大潮やけど、外は寒い上にすんごい風(゜o゜)


今回は密かに狙っていた獲物があったので早くから予定してたけど、

こないだからの急な気温変化に付いていけず、
不覚にも風邪をひいてしまい、おまけに嫁も疲れでダウン・・・



こんな状態で無理に採集を決行したらえらいことになるかと思い、
残念ながら今回は諦めました・・・(T_T)



それで、今日は家でのんびりすることになったので、
水槽をじっくり眺めることにしました。


2週間前の採集で持ち帰った生き物のうち、
4匹のアシナガモエビモドキの姿が全く見えません・・・


去年の時もそうでしたが、2週間持たずに全滅してしまいます。

もうアシナガモエビモドキを持ち帰ることはやめにしようと思います。



で、パシャパシャといっぱい写真を撮ってみました~


IMGP1135.jpgIMGP1124.jpg

いきなりわかりにくい写真ですが(汗)
未だ種名が判らないカニと(左)、イソカニダマシ(右)のダマシ君。

カニは07・7・31の水槽設置前からの一番古株。
ハサミしか見えてないダマシ君は08・4・27からでちょうど1年。


IMGP1132.jpgIMGP1138.jpg

スジエビモドキ(左)と、イソスジエビ(右)

スジエビモドキは4匹中の1匹だけ生き残り(08・4・6~)
イソスジは5匹中、3匹生き残り(08・8・3~)


IMGP1127.jpgIMGP1144.jpg

いつも隠れているもの同士のヨコシマエビのヨコシマ君と(左)、
ナベカのナベ太郎&傷だらけのロ~ラ~(古)ではなくてニセクロナマコ(右)

ヨコシマ君は08・5・7~、太郎は08・8・16~、ナマコは08・1012~


IMGP1134.jpg

ホンソメとスベスベサンゴヤドカリとクリイロサンゴヤドカリの若奥さん

唯一購入のホンソメは08・8・24~、スベスベは08・9・15~、クリイロ08・7・21~


IMGP1139.jpg

左からウスイロサンゴヤドカリ、クリイロのギャル男、ケブカヒメヨコバサミ
ウスイロとクリイロは08・7・21~、ケブカヒメは09・4・11~


IMGP1152.jpgIMGP1149.jpg

スベスベ、ホンヤドカリ、ベニワモンヤドカリ、アオボシヤドカリ
スベスベとベニワモンとアオボシは08・9・15~
ホンヤド君がいつ来たのかイマイチ自信がありません(汗)
来た時は米粒より小さい砂粒くらいの大きさで、おそらく苔取り用の貝を採った時の、
その貝に付いてた海草にしがみついてきたので08・8.3~


IMGP1145.jpgIMGP1141.jpg

ソラスズメとユビワサンゴヤドカリ
ソラは08・10・12~、ユビワは08・7・21~

ソラスズメはせっせと砂を咥えては穴を作ったり、尾びれで砂を掘り返して
ゴミが舞ったりするので困りものです・・・次回の南紀へ行く時に放流しないと(汗)

ユビワも結構凶暴なので放流するかどうか迷います・・・


IMGP1128.jpg

クマノミとヤマトホンヤドカリのヤマト君
クマノミは08・10・12~、ヤマト君は08・8.3~
ソラに比べてクマノミがほとんど成長してないのが意外・・・
てっきり逆だと思ってました。


他に今回写真に撮っていないオイラン、ヨモギ、ウメボシイソギン、スタポなども含めて
自己確認のために我が家にやって来た古い順に並べてみます。


07・7・31
 カニ
08・4・6
 スジエビモドキ
 ウメボシイソギンチャク
08・4・27
 イソカニダマシ
08・5・7
 ヨコシマエビ
08・7・21
 ウスイロサンゴヤドカリ×2
 クリイロサンゴヤドカリ×2 (若奥さん、ギャル男)
 ユビワサンゴヤドカリ
08・8.3
 ヤマトホンヤドカリ
 ホンヤドカリ
 クリイロサンゴヤドカリ (生娘)
 イソスジエビ×3
08・8・16
 ナベカ
 アカウニ
08・8・24
 ホンソメワケベラ
08・9・15
 スベスベサンゴヤドカリ×2
 セグロサンゴヤドカリ
 アオボシヤドカリ
 オイランヤドカリ
 ベニワモンヤドカリ
08・10・12
 スターポリプ
 クマノミ
 ソラスズメダイ
 ニセクロナマコ
09・4・11
 ケアシホンヤドカリ
 ヨモギホンヤドカリ×2
 ケブカヒメヨコバサミ×3



10個以上居る貝はこの中に含めてないですが、
60cmの水槽やのに結構居ますね(汗)

そして最近に居なくなった生き物はクツワハゼとユビワの1匹。
クツワハゼの死因は不明ですが、ユビワはまたもや「下剋上」で・・・(>_<)


で、思い返してみると

魚などは何度も放流してるのでどれくらい長生きするのかまだわかってないですが、
エビやカニが意外と長生きだなぁと。


去年まではエビが全然長生きしてくれませんでした。

今回のスジエビモドキが1年を超えたのは嬉しいし、1番長生きのカニ君!
カニって厄介者ってイメージが強いけど、もうこのカニ君は手放せなくなりました(^^;

去年とのこの差はどういうことなのか? 良い兆候だと思いたいんですがねぇ


でも、ヤドカリが1年を少し超えるくらいしか維持できないのが
自分的にはかなり悔しいです・・・



あ、こないだの採集でユビナガホンヤドカリだと思って持って帰ったところ、
微妙に怪しかったアカシマホンヤドカりの疑惑のあるヤドカリ。


IMGP1156.jpgIMGP1160.jpg


まだ大きくなってくれないのとカメラの性能のせいでまだ断定できまへん・・・(T_T)



はよ大きくなってくれ~~(ToT)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

スポンサーサイト

日向ぼっこ 

家の近所の池では



DVC00025.jpg



亀が晴れの日にはほぼ毎日ひなたぼっこしています。



反対側から撮ると




DVC00024.jpg


大小合わせて3匹と5匹の計8匹。


この場所での今までの最高記録は5+6の11匹でした^^



ミドリガメサイズが結構いるので繁殖してるんでしょうが、
残念なのが全部外来種の「ミシシッピアカミミガメ」です・・・

誰かが捨てたんでしょうね・・・



そういえばテレビのCMで

孫娘 「池と沼の違いは?」
おじいちゃん 「カッパが居るかどうか」


というのがありましたね~

少し前に行った琵琶湖博物館でタイムリーな情報を見ました。

湖の説明で、

「池は人工、湖沼は自然」
「広さは関係なく深さが5~7m以上が湖で以下が沼」

とか書いてあった気がします。


なるほど~ 
意外とあのCMも間違ってないやん~


などと感じましたが、大辞林などではまた微妙に解釈が違っていたので、
本当のところはどうなんでしょうね(^^;


それと、「ダム湖」はどないなるねん! とか・・・






ただ、


「河童の川流れ」・・・


あれ? カッパが居るのは沼ではなくて川?



なんてどうでもいいことを考えたりして・・・




ネタがないのでたまにはこんなんでも亀へん?





お粗末でしたm(__)m


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

見積もり間違い 

今日は久しぶりに「やどかり屋」さんへ行ってきました。

以前に店長のゆぅぞぅさんからお借りしていた本をお返しするのと、どんどん大きくなるアオボシヤドカリとオイランヤドカリのための新しい宿を購入するためです。


やどかり屋が今月の29日に移転されるので、それまでに1回行っておかないと(汗)


と、店内にはレオポン君がいました。
久しぶり~^^


今回もいつものごとく貝殻だけの儲からん客で長居してしまいましたが、
最近いろんなところで話題になっていたので「コーラルフィッシュ」も特別に購入。

今まで磯の採集ものの本は買ったことがあるけど、アクアリストが読むような本を
買ったのは恥ずかしながら実は初めてです(^^;



で、帰って早速貝殻を投入


無題
(矢印は7~8mmの貝殻に入ったケブカヒメヨコバサミ)


結構大きくなったユビワ君とベニワモン君が偵察に来ましたが、
赤の矢印の先の我が家で一番小さいケブカヒメと比べてわかる通り、
でか過ぎた(>_<)




そして当の本人達も偵察に



IMGP1103.jpgIMGP1106.jpg



う~ん・・・

「何考えてこんなでかいのん買ってきてん!」
と、アオボシとオイランから聞こえてきそう・・・(汗)


この時点で入ってる貝殻が去年12月のヤドカリの講義の翌日にエイジさんが
1日店長をやってられた時に買った貝殻。

その時も大き過ぎたかと思ってたらすぐに2匹とも引っ越し。


でも今回はさすがに見積もりを間違えた・・・orz







ところが!


1時間後くらいに貝殻を引き上げようとしたら!




IMGP1113.jpgIMGP1116.jpg


2匹とも引っ越し!(゜口゜)



あ、あんたら・・・

どこまででかくなるつもり?



現時点ではまだかなり無理がありそうやけど、

もしかして貝殻に合わせていくらでもでかくなったりして・・・(・_・;)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

貝の威力 

こないだの土曜日に採取した貝達。


この苔取り部隊の仕事ぶりはというと



IMGP1062.jpg
(苔取り部隊投入前)


IMGP1079.jpg
(投入1日後)


026_20090415013143.jpg
(2日後)


028.jpg
(3日後)


撮影時間帯と天候の違いで写り具合がかなり違いますが、
2日でほとんどの苔が無くなっています。



貝の力ってすごいですね!



あっ・・・・・と・・・・・・


1枚目、かなりひどいですが(汗)
決して掃除の手を抜いてたわけではなく、
この日のためにわざと苔放題にしていたんですよ!




ホンマかい(貝)って?




ホンマですよ!(>_<)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

今年の初磯 

昨日の土曜日、待ちに待った磯へ出かけてきました。


この時期、トロピカルな南国の生き物は期待できませんが、
磯では他にも楽しみ方があります。


目的は苔取り役の貝と掃除役のエビの調達。

そして春ならではの生き物採集です♪



IMGP1060.jpg


場所は一昨年に採集にハマるきっかけになり、
去年の春にもお世話になったお馴染みの和歌山県北部の磯。


以前に過去の話でもしましたが、この磯は海草採りや貝拾いでは結構メジャーな場所みたいで、春のこの時期が一番人出が多いようです。


そして負けじと貝を漁りに足元バシャバシャとGO!
もっと水が冷たいと思ってたのに暖かさも手伝って意外とふくらはぎまで浸かっても全然大丈夫でした。


今回は主に貝やエビが目的でしたが、
居なくなってしまったヤドカリも少し採取。



IMGP1052.jpgIMGP1055.jpg



掃除役にはイソスジエビかスジエビモドキが欲しかったけど、
残念ながら見つからず、アシナガモエビモドキを4匹採取。

※今までアシナガモエビモドキは長生きしたことがありません(>_<)

ヤドカリはケアシホンヤドカリ、ユビナガホンヤドカリ、ケブカヒメヨコバサミ×2
と、ちょっと微妙に判別できないヤドカリを2匹採取。


そして貝!


IMGP1056.jpg


去年に比べて思いのほかガンガラがたくさん採れたので、
スガイ、イシダタミとガンガラの小さいのが掃除役に廻り、
残りがおつまみに♪

そして敢えて名前は書きませんが、おつまみ用に他の貝が





さらに嬉しいおつまみも!




IMGP1059.jpg


磯って生き物を採取、飼育することが楽しいですが、
こういう風に食材が見つかることも楽しさのひとつです^^



と、ここで少し貝に関してのうんちくを。


先に書いた「ガンガラ」ですが、正式には「クボガイ」という貝でして、
さらに近い種類に「ヒメクボガイ」「ヘソアキクボガイ」「コシタカガンガラ」
「クマノコガイ」などもあり、素人にはほぼ見分けが付かないらしく、これらを総じて特に関西?では「ガンガラ」と呼ぶそうです。

さらにややこしいのが、地域によっては「シッタカ(正式名称はバテイラ)」と
混同されてたり、混ぜて同じ種類として市場で売られてたりもするそうで・・・

まあ、専門家ではないのでこれくらいしか語れないですが、
「ガンガラ」も「シッタカ」もこの辺の貝は見た目もよく似てるし、
食味も水槽内での掃除の仕事具合もホントによく似ています。

あと「スガイ」と「イシダタミ」ですが、
「スガイ」は食べても味がよく、苔掃除もよく頑張ります。
アクアのショップによっては「スーパーシッタカ」で売られてたりも。

「イシダタミ」は全体的に食味と掃除の仕事は少し劣るように思います。

個人的には「ガンガラ」「シッタカ」「スガイ」は、
食べる? 水槽に投入? ですごく迷うところです(^^;


IMGP1063.jpg

誰が一番仕事するかな~



と、貝に関して少しシッタカぶりをしたところで話の続きを


貝拾いに夢中になり過ぎてあっという間に時間が過ぎ、
帰りに漁港でチャガラかキヌバリが見つかれば・・・
などと考えてたのが結局見つからず・・・orz


で、去年の春にも立ち寄った大阪南部の漁港で、
今年もヨモギホンヤドカリを2匹ゲットして帰宅しました。



今回持ち帰ったヤドカリは全部小さくて、Sサイズ又はSSサイズばかり。

なぜかというと、先住の大きいヤドカリ達に小さすぎて逆に襲われないのでは?
という考えなのですがうまくいくかな?(^^;



そして水槽に投入後、微妙な2匹のヤドカリを観察。



1匹目の真白なヤドカリ


IMGP1073.jpg


眼柄を見る限りケブカヒメの幼稚体のようです。
でも、もしかしたら別種の可能性も0ではないので
これからも観察していきます。


そしてもう1匹


IMGP1076.jpgIMGP1081.jpg
(カメラの性能を恨む・・・)

これがまだ何か確信持てず・・・

ホンヤドカリ属には違いないですが、特徴としては脚に縦線があるのでユビナガよりもクロシマのほうが近いのに、色が薄い赤色なので他のクロシマ系?
ただ、クロシマ系だとするとこの季節にこの磯で見つかるということがどうも不可解・・・


今後、成長を観察して未発見の別種だということを期待^^



いや~~っ

久しぶりの磯はホンマ楽しかったっす~(*^。^*)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
03« 2009/04 »05

南紀台風被害救済支援

Reef Ring

プロフィール

わもん

Author:わもん
大阪府在住
いい歳になってから嫁さんと共にヤドカリや地味な魚から綺麗な魚までを採集し、飼育することに魅了されました。
採集は07年7月から、ブログは08年7月からですが、どちらもまだ初心者レベルです(^^;

コレクション

コレクション

ヤドカリ検定


ヤド検1級2007/10/28合格

ヤドカリスト2種2008/7/25合格

ヤドカリスト1種2010/7/16合格

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

お役立ちサイト

1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -
マリンアクアリウムの基本からヤドカリ検定や超ヤドカリ図鑑、疑問質問で御馴染のBBSちゃんぷるなど、海に関する情報満載のエイジさん運営のサイト


磯遊びという趣味の楽しさから、自家採集を楽しむにあたっての磯やネット上での注意事項などを分かりやすく説明してくれているsyunさん運営のサイト

図鑑

超ヤドカリ図鑑 by 1.023world

お気に入りショップ

FC2カウンター

現在の来客者数「おおきに~」

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

潮汐表

和歌山県-串本
提供:釣り情報フィッシングラボ

タンクメイト

90水槽 魚類
・チョウチョウウオ 2009/7/23
・サザナミヤッコ 2009/8/13
・ホンソメワケベラ(譲受) 2009/8/15
・アケボノチョウ(譲受) 2009/9/22
・ツノダシ 2010/9/19
・ヒレナガハギ 2010/10/5
・ホシハゼ 2011/7/16
・カエルウオ 2012/9/16

90水槽 ヤドカリ
・Diogenes klaasi 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/12
・ツマキヨコバサミ 2010/9/20
・サンゴヨコバサミ×2 2010/9/20
・イモガイヨコバサミ 2010/10/24
・イソヨコバサミ 2010/11/7
・タテジマヨコバサミ 2010/11/7
・サンゴヨコバサミ 2010/11/21
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/7/16
・ベニワモンヤドカリ 2012/7/21
・ベニワモンヤドカリ 2012/9/15
・セグロサンゴヤドカリ 2012/9/15

90水槽 その他
・マガキガイ 2012/7/22
・ハナビラダカラ 2012/7/22
・ホシキヌタ 2012/7/22

40水槽 魚類
・サツキハゼ×3 2011/9/11
・クロユリハゼ×8(譲受) 2012/9/16
・ヨウジウオの一種 2012/9/16

40水槽 ヤドカリ
・Diogenes pallescens 2011/7/16
・グアムサンゴヤドカリ×3 2011/8/19
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/9/10
・マダラヨコバサミ 2011/9/23
・グアムサンゴヤドカリ×2 2011/10/10
・ケアシホンヤドカリ 2012/4/8
・ケブカヒメヨコバサミ 2012/4/8
・Boninpagurus sp. 2012/4/8
・ウスイロサンゴヤドカリ×3 2012/7/21
・クリイロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・ツマジロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・クロシマホンヤドカリ 2012/7/21
・アオヒゲヒラホンヤドカリ 2012/7/21
・Diogenes pallescens 2012/7/21
・ツマキヨコバサミ×8 2012/9/16
・イモガイヨコバサミ 2012/9/16

40水槽 その他
・キイロダカラ 2010/10/24
・マガキガイ 2011/9/23
・ニセクロナマコ 2011/9/24

にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村

検索フォーム

PROJECT

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。