スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

過去8・08年5月の話 

悶々とする日々の中、四国の方ではすでにいろんな魚やヤドカリが
採取されてるという情報があり、我慢できずにゴールデンウイーク最終日の
6日から1泊で南紀へ採集旅行に行きました~

で、今回は1泊するし、どうせなら聖地まで行ったれ~ということで
初めて串本まで行ってみたのでした。


でも素人にはなかなか良いポイントを選ぶことができず、
荒磯というかゴロタ磯というか・・・

IMGP0172.jpg


※壊れたパソコンとデジカメを4月に買い換えたため、つい嬉しくて写真を
 撮りまくったので今回はやたらと写真が多いです(汗)


そして今回も放流。
メバル、アサヒアナハゼ、ヒメハゼの3匹。

メバルとアサヒアナハゼは地味やしでかくなりそう。
ヒメハゼは強烈な貪欲!(>_<)
という理由で放流しました。

しかし・・・後で気が付きました・・・
採取場所と違う場所への放流・・・
いくら素人で無知で鈍感とはいえ、
生態系や病原菌など云々で本来はやってはいけないこと・・・

もう二度と同じ過ちは犯しません!ごめんなさいm(__)m



そして本題の磯へ(汗)




IMGP0189.jpg


可愛いカゴカキダイのチビがいっぱいいました^^
その内の4匹を持ち帰り。


次はギンポ。


IMGP0177.jpgIMGP0194.jpg


クモギンポとロウソクギンポ。

ロウソクギンポはなかなか面白い顔をしていて連れて帰りたかったけど、
大きすぎたのでクモギンポだけ持ち帰り。


そして初採取のヤドカリ。


IMGP0182.jpgIMGP0186 - コピー


ホシゾラホンヤドカリ(9種目)と、クロシマホンヤドカリ(10種目)

でもこのヤドカリ達・・・
すでに発見済みのケアシホンヤドカリとユビナガホンヤドカリによく似ています・・・

ひょっとしたら昨年の白浜ですで発見していた可能性が大きいけど、
勉強不足のため識別ができてなかったのかも(^^;
(それぞれ2匹ずつ持ち帰り)

それと写真はありませんが、ソメンヤドカリ(11種目)も発見。
なぜか瀕死?のような状態だったので、痛々しくて写真を撮りませんでしたが、
少し目を離した隙に逃げて消えてました(゜o゜)


そしてなかなか珍しい生き物をゲット!


IMGP0186.jpg


カイメンを背負ったカイカムリ(約1cm)

最初、「カイガラカツギ」という珍しいヤドカリの1種かとも思いましたが、
何度も調べた結果、おそらく「イソカイカムリ」というカニの仲間だと思います。
情報が少ないのであまり自信はありませんが(汗)

ちなみに採集後に立ち寄った串本海中公園の水族館に、
オオカイカムリというカイカムリの親分がいました。参考まで↓

http://www.kushimoto.co.jp/ninki_ohkaikamuri.htm


その他で持ち帰った生き物は、


IMGP0235.jpgIMGP0223.jpg


キカモヨウウミウシとマガキガイ。あとはシッタカを数個。
(ウミウシは嫁がゲット)



その後、せっかく串本まできたことを思うと成果がショボいなあと思い、
浅めのタイドプールなら水温も高いかも!と少しだけドボン!(汗)


IMGP0187.jpg


変に見られないようにTシャツを着て泳ぎましたが、
水から揚がると濡れたTシャツのせいで強烈に寒い!(>_<)

修行のつもりで頑張ったけど、1時間持たずにギブ・・・
無理したのに新しく獲物が獲れることもなく、陸での寒さに耐えれなくて
最終的にはTシャツを脱いで裸・・・


結局なんのこっちゃ・・・(_△_;)ドテッ


そして片付けが終わり、串本海中公園を楽しんだ後、すさみの宿の温泉で冷えた体を温め、綺麗な夕景を見ながら酒と食事で疲れた体を癒して床に着きました。


IMGP0195.jpg




明けて2日目、大阪方面に向かいながら磯を探して移動。

小さい港で、


IMGP0199.jpg


ソラスズメが遊んでいて欲しかったのですが、網が届かず断念・・・orz

代わりに、


IMGP0202.jpgIMGP0204.jpg


ケブカガニに少し遊んでもらいました^^(放流) そして場所移動。

磯を探すもなかなか良い場所が見つからず、
結局白浜付近まで上った適当な場所で採集。


完全なゴロタ磯での結果は、


IMGP0214.jpgIMGP0215.jpg
IMGP0212.jpgIMGP0211.jpg


左上からヤマトホンヤドカリ(12種目)、ヨコシマエビ、
キタマクラ、名前が判らないベラの仲間。(持ち帰り)

ヤマトは前から欲しかったヤドカリ♪
ヨコシマも狙っていたエビ(嫁がゲット)

そして、短い時間の2日目の採集が終わり、帰り仕度をしていると、


IMGP0219.jpg


磯のすぐ脇の岸壁にムレハタタテダイの群れ。
時々オヤビッチャやグレ(メジナ)、チョウチョウウオが合流したり。
途中のコンビニで買っておいた昼食を食べながら、1時間以上眺めてました^^


そして楽しかった採集旅行から帰宅。
しかし、連れて帰ってきたうちのキタマクラとベラがすでに☆になっていました・・・
(帰宅時に☆になっていたのは初めてだったのでかなりショック・・・orz)

その後、キカモヨウウミウシが10日ほどで☆に・・・


そして今回に採集したクモギンポとカゴカキダイ。
クモギンポはかなり気が強く、カゴカキは成長が早過ぎるため、
その後の7月20日に放流したのでした(^^;


IMGP0325.jpgIMGP0337.jpg

(08年7月9日撮、カゴカキは約1cmから2ヶ月ほどで約4cmまで成長)

と、今回はかなり長くなりましたが、これで過去の採集の話は終わりです。
今後番外編として過去の飼育の話を書くことがあると思いますが、
今回の話の続きは「採集」「水槽&飼育」に記録してありますのでよろしくお願いします^^


長~~い話を読んでくださり、本当にお疲れ様でした(^^;


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

スポンサーサイト

過去7・08年4月後半の話 

本格的シーズンはまだまだ先やなぁ・・・

などと思いながらネットでいろいろ探っていると、
ハゼの仲間の「キヌバリ」が4月から見られるとの情報があり、
大人しい遊泳性のハゼのキヌバリやチャガラなんか欲しいなあということで
4月27日にまたまた海へ出かけました。

と、もう一つ狙っている生き物もあり(ー_ー)


で、今回は大量の放流。
基本的にスズメダイの仲間とイソギンポの仲間は気が荒い(>_<)
キヌバリが襲われたら困る!
ということで嫁がナベ太郎だけは飼い続けたいと言ったので,
ナベ太郎以外の魚を全て放流しました。
(テンジクスズメダイ、シマスズメダイ、カエルウオ、イソギンポ、タテガミギンポ、アゴハゼ)

あと、イソヨコバサミの2匹も放流。
(10月白浜で採取の1匹だけ残す。他の2匹はケブカヒメをよく追い出すから(>_<))

一応念入りに温度合わせと水合わせをしてから放流したけど、
まだまだ水温低いし・・・大丈夫かなぁ・・・(汗)


ちょっと寂しくなるけど、みんな、6~8ヵ月の間、愉しませてくれてありがとう(^O^)/




そして和歌山県北部の磯へ行く前に、
岸壁や流れ藻に何かおるかなあとまず大阪南部の漁港へ。

早速小魚の群れ! もしかしてチャガラか!

と、掬ってみると



IMGP0145.jpg


メバルの幼魚(約2cm)・・・

「それ育てて食うんか?」って釣り客のおっさん・・・


食うかい!  っちゅうねん・・・(-_-メ)



んで、気を取り直して流れ藻を探ってみたところ、




IMGP0150.jpgIMGP0165.jpg


グジメ?(約12cm)とアサヒアナハゼ(約4cm)が採れました。


んで、岸壁沿いをよく見てると貝やヤドカリが結構動いていました。

今まで掃除役で採っていたイシダタミやスガイ、アマオブネより
遥かに大きい貝を数個ゲット。

おそらくガンガラと呼ばれているクボガイ。



そしてヤドカリを観察していると、8割がケアシ、2割がホンヤド。
でもその中に貴重なヤドカリを発見!



IMGP0152.jpg


ヨモギホンヤドカリ!!!

なかなか特異な生態の貴重なヤドカリです。
でも、確実にこれは狙ってたのでめちゃ嬉しかったです^^
詳しくはこちらを 
http://www.1023world.net/%E3%83%A8%E3%83%A2%E3%82%AE%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%A4%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%AA



そしていつもの和歌山県北部の磯で放流を済まし、
軽く採集してみると、



IMGP0157.jpgIMGP0153.jpg



ネズッポの仲間とヒメハゼを捕獲。


と、成果はこの程度で、持ち帰ったのはメバル1、アサヒアナハゼ1、ヒメハゼ1、
写真より小さかったヨモギを2、ガンガラ?を数個。



結局魚の本命のキヌバリには出会えず・・・

しかし新しい8種目のヨモギホンヤドカリをゲットできたので満足できました^^



5月へつづく・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

過去6・08年4月前半の話 

長~い長~いシーズンオフ・・・

本当に長い! 採集シーズンてホンマ短いんやなぁ・・・

4月でも本当はまだまだ採集シーズンとは言えないけど、
掃除役のエビの調達がてら・・・いや、潮切れでの禁断症状からくる
激しい採集の妄想が膨らんでしまってたのでついつい磯へ出かけました(汗)


でもその前に、シーズンオフの水槽の状況。

長年水槽飼育している方にとってはごくありふれたことかもしれませんが、
いつの間にか居なくなってる生体がポツポツと・・・

魚ではまずクモギンポが☆に・・・
次いでヘビギンポ、ナベカのナベ次郎、アゴハゼの1匹・・・

ヤドカリはホンヤド 2、ケアシ 2、ユビナガ 1、ケブカヒメ 2・・・

他の甲殻類は、
イソカニダマシとエビ(イソスジエビ&スジエビモドキの7~8匹)が全滅・・・

魚が☆になった場合は比較的気付きやすいですが、
甲殻類はいつの間にか・・・という感じでなかなか気付かないもんですね・・・

水槽の環境が悪かったのか寿命なのか、いずれにしろ悔しいもんです・・・orz


この時点で残っていた生体は、

テンジクスズメダイ(びっちゃん)、シマスズメダイ(大輔)、ナベカ(ナベ太郎)、カエルウオ、イソギンポ、タテガミギンポ、アゴハゼ(初代)、種名不明のチビガニ(アゴハゼと並んで最古参)、イソクズガニ(本当はヨツハモガニの可能性の方が大)、ホンヤド、ユビナガ、イソヨコバサミ 3、ツマジロ 2、ベニワモン、スガイ、イシダタミガイ、アマオブネ、ヒザラガイの1種、カキ(マガキor岩ガキ)、フジツボ 2、ムラサキウニ、バフンウニ・・・

※細かく書くと他にヨコエビやウミケムシなどももいますが省略。

う~ん・・・完全に磯水槽・・・
しかしいい加減な水槽でよくみんな頑張ってくれました(^^;


そして春の磯で何がいるのか行ってからのお楽しみ~
と4月6日、和歌山県北部の磯へ出かけました~



(干潮2時間前)
干潮2時間前


(干潮)
干潮時



春の海って干満の差が激しいのにびっくり(@_@;)
ここは満潮時には全て海に沈んでいます。


そして干潮時には夏よりたくさんの人出!
話を聞いてみると、ワカメやヒジキ、テングサなどを採っているのだそうです。


そしてうちら夫婦は磯採集。


F1000004.jpg


クロシタナシウミウシを発見。
ちょっとでかいのと、飼い方がわからないので放流(汗)


他に目ぼしいモノを見つけることはなく、掃除役の貝とスジエビモドキ数匹と
ホンヤド、ケアシ 2、ケブカヒメ 2を補充のため採取。
そして卵持ちのアシナガモエビモドキも持ち帰り。


IMGP0035.jpg




あと、ウメボシイソギンチャクとバカガイも採取、持ち帰り。


IMGP0132.jpgIMGP0101.jpg


ウメボシは単純に水槽が磯っぽくなるかなぁという理由で、
バカガイは最初ハマグリかと勘違い(汗)
で、1個だけだったので飼ってみることにしました。


しかし4月はさすがにまだまだ早かったのかなあと、
せっかく磯へ行ったのに少ない収穫に肩を落として帰ったのでした・・・


IMGP0080.jpg
(08年4月19日現在)


俺って磯バカガイ?



ガク・・・・・・orz



4月後半へつづく・・・




にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

過去5・07年10月の話 

10月に入ってすぐに、人工海水や餌などの小物とライブロックを購入しに
とあるホームセンター内にあるペットショップの海水コーナーへ行きました。


買い物が終わり、何気に海水魚を眺めていると珍しくヤドカリがいました。

家にいるヤドカリと比べて目や触角がカラフルで綺麗な所と、
圧倒的に大きい左のハサミに二人は釘付け(・。・)

「へ~~ このヤドカリ綺麗なあ」
などと嫁さんと眺めながら名前を確認すると、

『沖縄スベスベサンゴヤドカリ』と書いてありました。

沖縄にはこんな綺麗なヤドカリがいるものかと感心し、
手頃な値段に買いたい衝動に襲われましたが、
「採取モノだけを飼育」ということを決めていたので、
後ろ髪を引かれる思いで帰りました(T_T)


家に着き、早速『沖縄スベスベサンゴヤドカリ』を検索して調べると、
なんと南紀にもいることが分かり、衝撃を受けました!
他にもユビワやベニワモンというカラフルなヤドカリまで生息しているとは!

「め、めっちゃ欲しい・・・なんで今まで気付かずに南紀まで採集に行かんかったんやろ・・・orz」



調べた時に10月でも採取例があることがわかったので早速次の休みは南紀へ!

と行きたいところ、バーベキューの予定が入っていたので断念・・・orz



そして10月7日、大阪府阪南市の海水浴場のある公園へ。
大人子供合わせて十数人でバーベキュー。

単にバーベキューだけっていうのもつまらないので、釣り道具と網を持参。
さらに「アクアスコープ」という、いわゆる「箱メガネ」も購入。
しかし意外とみんな、自然と遊ぶのが好きなんですねぇ。
バドミントンやボールもあったのに、釣り道具と網の奪い合い(^^;


結局はパンツ1丁でドボン!

で、こんな場所でも一応採集してみた結果、
オヤビッチャやシマスズメも見つけましたが、
取りあえず捕獲したのがコトヒキとハゼの仲間。

しかしプラケースに入れてた時点でコトヒキがもの凄い勢いで
ハゼを襲っていたので全部放流、コトヒキの凶暴さにびっくりしました(>_<)



そして唯一持ち帰ったのが、



IMGP0344.jpg


ユビナガホンヤドカリ。

成果はこれだけでしたが、海水浴場のため期待してなかったので、
新しく5種類目のヤドカリのゲットは素直に嬉しかったです^^




その後なかなか海に行ける日が無く、悶々とする日々が続き、
そして21日に初めての南紀(白浜)へ行くことに決めました。



当日は午前7時過ぎの干潮の上、風が強くて条件は悪い・・・
それでも憧れの南紀の生き物を考えると一睡もできずに4時前に出発(汗)

初めての南紀採集は場所選びにかなり時間がかかり、
渓流釣り用のウェーダーでアクアスコープと網を持って磯へ降りたのがすでに7時半・・・

タイドプール中心の採集で、魚の収穫は全く無し(>_<)
珍しい魚を見かけることさえありませんでした・・・orz




しか~し!





SANY0191.jpgSANY0194.jpg


新しくツマジロサンゴヤドカリ(6種目)とベニワモンヤドカリ(7種目)をゲット!

「お!このヤドカリ!左のハサミのほうがでかい!サンゴヤドカリか?!」

と興奮し、ツマジロは1ヶ所に集まっていたうちの2匹を持ち帰り。
ベニワモンは嫁がゲットしました。(1匹)

南紀へ行く前、嫁が写真のベニワモンを見て「キモい、いらん」と言ってたくせに、
ゲットした時はかなり嬉しそうでした。反面、自分はかなり悔しかったっす(>_<)



おまけで


SANY0193_20081124233440.jpg


これも初めての新しいヤドカリかと思って連れて帰ったヤドカリでしたが、
調べた結果幼いイソヨコバサミでした(゜o゜)


この日、本当ならもっといろんなヤドカリや魚が採れるのを期待してたのですが、
ド素人にはこの少ない収穫で十分ということにしましょう(^^;


そしてこの日のベニワモンがきっかけで、
嫁さん主導の「ヤドカリへの興味」がさらに深くなっていくのでした。
(僕の名前はこの時のベニワモンから頂戴しました)


※この後11月にも別のヤドカリを求めて大阪湾の磯、河口などへ出かけましたが、
 スジエビモドキ(初)しか収穫がなかったので省略します。


ということで、2007年度の採集は終わりました。


ふぅ・・・なんとか今年中に去年の話を書けたわい・・・(^。^;)

08年4月へつづく・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

過去4・07年9月後半の話 

07年9月23日、いつもの磯へ行きました。


この日は採集の前にまた放流。
放流したのはヒライソガニ、オウギガニ、アカオビシマハゼ。

カニの観察も面白かったのですが、最悪な場面を見てしまい・・・


放流の数日前、

殻の奪い合いで負けたケブカヒメヨコバサミが裸でウロウロしてたところ、
ヒライソが襲いかかりました!


「くぉらぁぁーーっ!何しとんじゃぁーーー!!」

と、引きはがしてやり、そして空いた殻をヒメヨコのそばに置いてやりましたが、
十数分ぐらい目を離してた間に今度はオウギが襲いかかっていました!

今度は間に合わず・・・(食われてる最中)

イソクズガニやヨツハモガニの場合は海草をちぎってはせっせと体にくっつけたりして、
他を襲うこともなく大人しいのですが、ヒライソガニ、オウギガニのようなカニは
凶暴だということを思い知りました・・・

なので放流決定。

アカオビシマハゼは、前のクモハゼと同じでものすごい貪欲。
アゴハゼを少し虐めていたし、可愛くないので放流です(汗)


そして採集ですが・・・
この日はなかなか成果が上がりませんでした・・・

一度見たことや採取したことがある生き物ばかり・・・


そんな中、やっとこさ見つかったのが、


IMGP0060_20081108223620.jpg



タテガミギンポ。


最初イソギンポかと思いましたが、角のような眉毛のようなものが無く、
小さかったので持ち帰り。


それと


DVC00011_20081212011238.jpg


スベスベマンジュウガニ。

名前の通り甲羅はスベスベ。
しかしカニの中では珍しく毒があるので、決して食用にはしないように!とのこと。

ま、食べないにしても、凶暴そうなので即放流。


そして新しく4種目のヤドカリは


SANY0164.jpg



イソヨコバサミです。

ホンヤドカリに次いで多い種類と思っていたけどなかなか見つからず、
この磯では少ないほうなのかもしれないです。


※この時点ではもっと南へ行けばまだいろんな魚やヤドカリが
 いるということに気付いてませんでした。


なんだか急に獲物が少なくなり、イソスジエビを追加しただけで終わり・・・

ついでに海草(海藻?)が付いた石も持ち帰ったのですが、
その時になかなか貴重なものを発見しました。




無題
(08年7月撮影)


ギンポのアパートにピッタリでしょ^^

しかしこれ、実は土台が生きたカキなんです!
マガキか岩ガキかは詳しくないので判らないですが、
持って帰ってから気づきました(汗)

さらに矢印の先には生きたフジツボが!


ということで9月の採集が終わり、もう泳ぐのも無理だろうし
今年の採集も終わりだなあと思っていたところ、
この後にショップであるものを見たことでさらに続くことになったのでした。


10月へ続く・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村
面白かったと感じた時には、
相応しいと思う所をポチしていただけると幸いです^^

| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

南紀台風被害救済支援

Reef Ring

プロフィール

わもん

Author:わもん
大阪府在住
いい歳になってから嫁さんと共にヤドカリや地味な魚から綺麗な魚までを採集し、飼育することに魅了されました。
採集は07年7月から、ブログは08年7月からですが、どちらもまだ初心者レベルです(^^;

コレクション

コレクション

ヤドカリ検定


ヤド検1級2007/10/28合格

ヤドカリスト2種2008/7/25合格

ヤドカリスト1種2010/7/16合格

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

お役立ちサイト

1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム -
マリンアクアリウムの基本からヤドカリ検定や超ヤドカリ図鑑、疑問質問で御馴染のBBSちゃんぷるなど、海に関する情報満載のエイジさん運営のサイト


磯遊びという趣味の楽しさから、自家採集を楽しむにあたっての磯やネット上での注意事項などを分かりやすく説明してくれているsyunさん運営のサイト

図鑑

超ヤドカリ図鑑 by 1.023world

お気に入りショップ

FC2カウンター

現在の来客者数「おおきに~」

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

潮汐表

和歌山県-串本
提供:釣り情報フィッシングラボ

タンクメイト

90水槽 魚類
・チョウチョウウオ 2009/7/23
・サザナミヤッコ 2009/8/13
・ホンソメワケベラ(譲受) 2009/8/15
・アケボノチョウ(譲受) 2009/9/22
・ツノダシ 2010/9/19
・ヒレナガハギ 2010/10/5
・ホシハゼ 2011/7/16
・カエルウオ 2012/9/16

90水槽 ヤドカリ
・Diogenes klaasi 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/10
・タテジマヨコバサミ 2010/7/12
・ツマキヨコバサミ 2010/9/20
・サンゴヨコバサミ×2 2010/9/20
・イモガイヨコバサミ 2010/10/24
・イソヨコバサミ 2010/11/7
・タテジマヨコバサミ 2010/11/7
・サンゴヨコバサミ 2010/11/21
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/7/16
・ベニワモンヤドカリ 2012/7/21
・ベニワモンヤドカリ 2012/9/15
・セグロサンゴヤドカリ 2012/9/15

90水槽 その他
・マガキガイ 2012/7/22
・ハナビラダカラ 2012/7/22
・ホシキヌタ 2012/7/22

40水槽 魚類
・サツキハゼ×3 2011/9/11
・クロユリハゼ×8(譲受) 2012/9/16
・ヨウジウオの一種 2012/9/16

40水槽 ヤドカリ
・Diogenes pallescens 2011/7/16
・グアムサンゴヤドカリ×3 2011/8/19
・ケブカヒメヨコバサミ 2011/9/10
・マダラヨコバサミ 2011/9/23
・グアムサンゴヤドカリ×2 2011/10/10
・ケアシホンヤドカリ 2012/4/8
・ケブカヒメヨコバサミ 2012/4/8
・Boninpagurus sp. 2012/4/8
・ウスイロサンゴヤドカリ×3 2012/7/21
・クリイロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・ツマジロサンゴヤドカリ 2012/7/21
・クロシマホンヤドカリ 2012/7/21
・アオヒゲヒラホンヤドカリ 2012/7/21
・Diogenes pallescens 2012/7/21
・ツマキヨコバサミ×8 2012/9/16
・イモガイヨコバサミ 2012/9/16

40水槽 その他
・キイロダカラ 2010/10/24
・マガキガイ 2011/9/23
・ニセクロナマコ 2011/9/24

にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水中生物へ
にほんブログ村

検索フォーム

PROJECT

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。